So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          
月例コンテストは絶好の写真学校! ブログトップ

月例コンテストは絶好の写真学校! [月例コンテストは絶好の写真学校!]

下の①と②の写真の感想は、どうですか?
091119_1600~01.jpg


091119_1602~01.jpg
(月例コンテスト上位入賞作)


 の写真は、社交ダンスに興じる高齢男女の二人ですね。

地方における、「幸福」 というテーマの公募に入賞した作品です。

この写真は、何といっても、二人の笑い顔。     実に、楽しそうです。

見ているほうまで、つられて、自然に笑えてきそうですね。

この一瞬をとらえた シャッターチャンス の勝利です。


 の写真は、どうですか?

このポイントは、見る人を一瞬、 ”ハッ?” とさせる 

「意外性」 と 「非日常性」  にあると言って良いでしょう。

普段では、まず、あり得ない状況です。

おそらく、作者の頭の中にある イメージを 写真化したものでしょう。

非常に、創造性の高い、クリエイトィブな写真です。
つまり、作者が、頭にある イメージ をもとに、

意図的に、演出した写真です。

これは、ある雑誌の月例コンテストでの上位作品です。

この作者は、この月だけではなく、次の月も、その次も、

さらに次も、・・・・・と言う具合に、女性をモチーフとし、

連続 上位を占めて、読者を驚かせたのです。

読者だけではありません。 この雑誌の月例コンテスト の選者も、

「 おっ、ツワモノが、現れたぞ !」 って感じだったんです。

とにかく、これまでの、アマチュアが、応募してきた写真とは、

明らかに、一線を画するものでしたね。

こういう人は、コマーシャル部門などで、活躍できる人かもしれませんね。

コレは一つの才能です。


しばらくしてから、分かったことなんですが、実をいいますと、

この作者は、現役の 「画家」 だったんです。

「なるほど、・・・道理でね・・・」 

とそれなりに、納得させられました。

長年見ていると、月例コンテストでは、こういうことが珍しくありません。


さて、① ② の写真について、ごく簡単に、触れてみましたが、

みなさんの感想はいかがだったでしょうか?

①については、ともかく、 ② については、

「分からない」 と言う人も中には、あるかも知れません。


あなたが、もし今、仕事のかたわら、写真の勉強をしておられるなら、
無理して、写真学校に行かれることは、ありません。

前述のような、写真雑誌の月例コンテストを大いに、活用してください。

それだけで、あなたの写真技術も写真に対する感性も、伸びることうけ合いです。

この月例コンテストを通じて、プロになった多くのカメラマンが、
それを、証明してくれています。









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
月例コンテストは絶好の写真学校! ブログトップ

< トップへ戻る >