So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
風景写真家になるには ブログトップ

風景写真家になるには、技術と経験で大丈夫と言うプロカメラマン! [風景写真家になるには]

風景写真家になるには、技術と経験でイケルというプロカメラマン!
風景写真を芸術と位置付けるボクとしては、解せないコトバです!
何故、技術と経験だけで、風景写真が撮れるのか検証してみました。
                           


風景写真は芸術か?



前回、写真展を見た時に主催者のカメラマンRさんが

「風景カマラマンのなるには、技術と経験があれば、

誰でもなれる・・・・!」


と言ったコトバが気になることを話しました。


独断かもしれませんが、

私は、風景写真を「芸術」と考えているため

Rさんのコトバを、にわかに信じることはできませんでした。

むしろ、これが風景写真を撮る人のコトバだろうか?

と驚きさえしたものです。




私が写真を始めた初期の頃、写真を


① 芸術(風景)

② そうでない写真


の二つの分野に分けて、進む方向を考えました。

これは、ごく一般的な考えとして書いているのであって、

決して、専門的に話しているのではありませんので、

読者の方も、気軽な感じで読んでいって下さいね。



さて、話を戻して、私は、上の   のうち、

即、 に該当する「報道写真」を選びました。


これなら、

「努力」
「情熱」
実行力」

があれば、自分でもできると判断したからです。


ズブノ素人から、未知の写真世界に飛び込んだものですから、

「とにかく頑張ればできる」 道を選んだわけです。

① の芸術(風景写真)分野を選ぶなんて、とても自信は

ありませんでした。

それどころか、「風景写真家になる」 なんて、夢にも

その可能性があるなどと、考えることはできませんでした。

もちろん、「芸術的感性」があるなどとは、

つゆほども、思えませんでした。



そのような事情を考えると、Rさんのいう

「風景カマラマンのなるには、技術と経験があれば、

誰でもなれる・・・・!」

などとは、とても言えないのでは?

と思ってしまうのです。


もしその通り「技術と経験」を積むことで、

「風景カメラマン」 になれるのであれば、

その気で頑張れる人なら、だれでも「風景カメラマン」

になれると言えるでしょう。



それは、ある意味では、これまで私がこのブログで

言ってきたことと共通するところがあります。



確かに、私が、プロになって、以来、中断した時期も含め、

30年近く、経った現在は、

「技術と経験」を積んで

なお且つ

「努力」を続ければ、風景カメラマンのプロには

なれると、確信をもって言えるようになりました。



しかし、しかしですよ。


Rさんの「技術と経験」で「風景写真家」になれる

という話は、少しばかり、違うのです。


話しを聞いているうちにその意味が

分かるような気がしてきたのです。



風景写真家になるRさんの方法!




Rさんがどんな道を歩んだ人かが分かるとその方法も

分かってきます。


彼は、いわゆる、街の写真屋さんの息子で2代目の店主です。

今、70代を半ばすぎたぐらいでしょうか。

写真の道を歩んで50年になるそうです。

その間、親子で関西の名所や、主だった写真の撮り場には

ほとんど行ったと言います。


私が(前回)見とれていた写真の場所には、もう何十回も足を

運んだ有名な所だそうです。


それほど、

「写真になる場所だ」 と言っていました。


その場所は、多くのカメラマンの過去の名作にも残っており、

どういう写真が評価されるのかが、スッカリ頭に焼き付いて

いるのだそうです。


それらの写真のイメージは、頭にあるので、その中から、

コンテスト1位になった写真を頭から、引き出し、



「その写真にちょっと、違うものを、入れるなどして

写真構成をわずかに変えればいい。


例えば、前回の写真の材料は「星」と「月」と「岩」の3つ。

これらの「構図」を少し変え、

「長時間露光」か
「短時間露光」

「夜明け」か
「夜中」か
「夕刻」かなど、

もはや、知り尽くした技術設定を、注目されるように

ほどこせば良い。」



そして、Rさんは、


「いずれにしても、この写真は、百万を獲得しました。」


と、最後に念を押すようにして、得意げに説明してくれました。



会場を出ての帰り道、さっきのRさんのコトバを

私は、何度も繰り返して考えていました。



Rさんは写真店の店主ですが、店の方は、ほとんど

お客はいないそうです。

では、何で利益を上げているか?

Rさんは、べつの場所に「写真教室」を開いており、

初心者に教えていると語っていました。



とすれば、100万円の賞金と賞状は、集客のための

勲章であり、金メダルでもあるわけです。

それは、多ければ、多いほど「箔」がつき、生徒さんへの、

権威づけにもなることでしょう。


私は、今回、「風景写真に対する商売人の発想の原点」を

見たような気がします。


Rさんの「創作法」 もまた、あって、良いかと思います。

そこは、個人の事情がからんでくることですから、

自己の内奥から、承知していることであれば、ルールに

反しない限り、他人がとやかく言える筋合いはない

だろうと思います。



それでは、ちょっと、長くなってしまいましたので、

今日は、この辺で失礼しますね。

皆さんも、よかったら、一度、上記の話を考えてみて下さい。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

風景写真家になるには男性女性共に10年!死んで悔いなしと感動! [風景写真家になるには]

風景写真家になるには、男性女性を問わず、10年を覚悟!
いいえ、生涯をかけるぐらいの決意がほしいです!
もう死んでも悔いは無い!と観衆を思わしめるほどの写真を!



こんにちは。


今日は、九州の 「M」 さんの相談メールに対するお答えの
5回目をお伝えしたいと思います。


 風景写真家になりたい
② 移住も厭いません。
 弟子入り(アシスタント)という選択肢についてどう思われますか?
 はっきり言ってセンスや感性なんて持ち合わせてない
④ 努力でしか道は切り開けないですし
⑤ すでに年齢的(34歳)にも厳しいと思われますか?
 食っていけるかどうかという現実的なことまで
⑦ それでも風景写真家になりたいです。


ご相談は、上記のような内容でした。


これまで、4回の記事は、少しは参考にしていただけたでしょうか?

今日は、全体の総括を私なりにしてみたいと思います。




① 風景写真は「芸術」です




(撮ったのは、ほぼ素人同然の人です)
いけだ2.jpg
(数か国から写真賞受賞した写真の1枚)
(鮮明ではないですが、本物は、絶品です)



池田2.jpg
(上と同じです)



上の写真は、数か国で個展を開き、大変な反響を呼びました。

数々の国から、写真の芸術部門で栄えある賞を受賞した写真の中の2枚です。


撮影した人は、ある慈善団体のトップで、世界中をまわっている、
超多忙なお人 「K」 さんという方です。


有名なカメラマンであり、評論家でもあった 「三木淳」 氏に、
何度か 「手ほどき」 を受けたあと、見よう見まねで写真を
撮り始めたお人です。


普通のカメラマンのように、何年も就業したという経験は、ほとんど、
もっておられません。

それでも、アジアや、ヨーロッパの国々の美術関係の団体から、
写真賞を贈られ、専門家からも、絶大な評価を受けております

K さんは、団体の長であり、「写真」は、あくまで趣味的なものです。

写真は、仕事の合間に、ちょこちょこと、撮るだけだそうです。


詳細は、別の項で取り上げたいなと思いますが、それにしても、
「スゴイ写真家」 がいるものですね。

写真は他にも、何枚か複写を持っておりますので、それも
のちに掲載してみますね。    しばらくお待ち下さい。





さあ、本題にもどりましょう。


「風景写真は 芸術 です」

などと、言いますと、
オーバーに聞こえて、異論が、出てきそうですが、

ここでは、ごく一般論として聞いてくださいね。



先ごろ、(16日)お笑い芸人の 「又吉」 さんが、
「芥川賞」を受賞して、大変 話題になっております。


ご存知かと思いますが、「芥川賞」 といえば、純文学の最高賞です。


純文学といえば、大衆小説や、推理小説と違って、「芸術性」の
高い文学(小説)と言われております。



芥川賞の選者の一人「高樹のぶ子」氏は、芥川賞を選ぶに当たって、

「文章における、技術と努力は、必要ですが、
他に才能もいります」

と述べておりました。


このことは、「写真」 にも、言えると思います。


ただ、写真の場合、対象と人の間に「カメラ」という
機械 が 介在しております。

カメラ技術のおかげで、努力しだいでは、芸術の域に達する
写真を撮ることはできます。   いえ、私は思っております。


「芸術の域に達する」 ということは、

どういうことでしょう。


「もう死んでも悔いはない!」  と感動するほどの写真を撮る

ということなんです。


「死んで悔いなし!」  というと、 「またまた、大きなこと言って!」 と、

言われそうですね。(笑)

「そんな作品があるの?」 と言う人もおられるでしょう。


それが、あるんです。   例を挙げてみましょう。


早い話が、あの美しい オーロラなどがそうです。



オーロラ.jpg

[オーロラ」(双極性障害サバイバルブログヨリ)




テレビで見たのですが、恋人同士で、カナダに旅行をした二人が、
現地で、オーロラを観て、感動のあまり、涙が止まらなかったという
場面でした。

なんと、彼らは、そのままカナダに住み着いてしまったのです。




ある写真展を見ている女子高生が、1枚の写真の前で、
じーっと、立ち止まったまま、動きません。

これまで見たことのない「海と雲と夕日」のミゴトな色彩美に打たれ、
呆然と見とれてしまったのでした。

NHKのテレビカメラが、彼女の表情をとらえると、
顔が、涙でグッショリと濡れていました。




ある仏像写真の個展を見て

「もうこれで死んでもいい!」

と言った女子大学の学長さんが、いました。

この言葉は、NHKラジオの 「ラジオ深夜便」 という 
放送だったと思うのですが、そのインタビューに応えて言われた
学長さんの 「コトバ」 だったのです。



スポンサーリンク









②風景写真の究極




さて、前述のように、3つの例をあげましたが、

風景写真の究極は、これだと思っています。

「もうこれで死んでもいい!」


これほどの感動を与える!


私は、本当にそう信じています。  

風景写真を志す人は、どうぞここまで目指して下さい。

覚悟があれば、必ずやれると思います! きっと!



カメラ雑誌のコンテストを、ズーッと、さかのぼって、見てみると、
最初のころは、全く素人写真を撮っていた人が、1年、2年と、
続けているうちに、しだいに、すばらしい写真を撮るようになります。

さらに、年を重ね、入選できるようになると、プロに負けないほど、
腕をあげてきます。


そして、月例年度賞の上位に入賞するぐらいになると、
確実に、プロと比較しても、ひけをとらぬ作品を発表
できるようになります。


此のあたりになると、技術も、感性も磨かれ、プロとして、
独立するような人もあらわれてきます。


だんだん個性的な写真を撮るようになるのは、此のころからです。

凡庸な域を脱し、心を打ち、何かを感じさせる表現が
できるようになってきます。



私に相談して下さった「松田」さんは、


⓪ 「はっきり言ってセンスや感性なんて持ち合わせてない」

とおっしゃっていますが、頑張って下さい。

「感性」は、必ず、発揮されるようになるでしょう。





③ 感性の磨き方! 





個性的な小説家の「山崎ナオコーラ」さんは、

「論理と感性は相反しない」 

と言っております。






sakka.jpg
(山崎ナオコーラさん)


この作家は、第41回文藝賞受賞を受賞し、
注目されている有望な中堅作家です。

芥川賞には 4度 も候補になっている女性作家で、
非常に高い評価を受けている、作家です。


この作家が言った


「論理と感性は相反しない」 

と同じことが、写真にも、言えると思います。

「理を極めれば、感性が高まります」
「逆に、感性が磨かれると、理が、深まる」



は真実であることを私も実感しています。




④ 感性を美術専門家が語る





販売におけるマーケテイングの専門家 「小阪雄二」氏 は山口大学で
「美術」 を専攻してきたお方ですが、

「感性」 の磨き方について、

「それはたやすいこと」 だと、いとも簡単におっしゃるのです。

「それは、情報量を増すことだ!つまり、知識を増やせばよい」 と。

「それには、まず本を読む、映画を見る、美術を鑑賞する、
絵画、写真の個展を見る、人の話を聞く・・・・・・・等々」  と。


なるほど、「宇宙の本」 をよむことによって、月に対する
知識や、見方が変わります。


子供の頃、
「お月様には、うさぎが持ちつきをしている姿が
みえるだろ・・・・・・・」

とよく聞かされたものです。

みなさんにもそんな経験ありませんか?

しかし「宇宙理論」を知ることによって、月への、
見方や、考えが当然変わってきますよね。


つまり、即、感性が 「磨かれてきた」 というわけです。


作家の言っておられることと、美術の研究者の言っておられることは、
きわめて、「似ている」 と思われませんか?


相談者の「松田」さんもぜひ勇気をもって、挑戦してみて下さいね



それでは今日は、この辺で・・・・・・・・・・・・。




    ■ <<関連記事>>


● 写真家(カメラマン)の簡単な感性の磨き方!超意外で驚きました!
http://00naoki.blog.so-net.ne.jp/2015-10-16



スポンサーリンク




nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

風景写真・プロになるための決意! [風景写真家になるには]


風景写真のプロになるにはどうしたらなれるでしょう?
中学生のS君からメールで相談してきました。        
やる気と情熱があれば、必ずなれますと答えました。



風景写真家になるにはどうしたらなれるか?







「 風景カメラマンになるにはどうしたらなれますか? 」


昨日、九州の中学生 「S」 君からメールが届きました。


少し前まで書いていたもう一つのブログを見て
メールを下さったようです。

こちらのブログには、コメント欄もありますので、
どうぞ、お気軽に使って下さいね。


さて、「S」 君の
「風景写真家 になるにはどうしたらなれますか?」
という質問を考えてみたいと、思います。

まず、私の体験と考えから言いますと、

「風景写真は、他の写真分野に比較して、プロへの道は非常に難しい」

と言えます。

しかし、心配は無用です。

あなたさえその気になれば、必ず風景カメラマンになれでしょう。


その理由について説明をしていきたいと思います。


まず、写真を

①「芸術分野」  
②「他の分野」

の2分野にわけてみますと、

「風景写真」は、① の「芸術分野」 に近いと言えます。


この分け方は、究めて、おおざっぱなわけ方で、異論もありましょうが、
ここでは、説明の便宜上、ご理解下さい。



では、「風景写真」 が 「芸術分野」 とすれば、
何故、難しいのでしょうか?

それは、必ずしも努力だけで達成できるものではないからです。
ここが、非常に、大事なところです。

それに引き換え、② の 「他の分野」 は努力のみで、
充分プロの域にたっすることができます。

これまで、多くのカメラマンを見てきた経験から、
自信を持って、そう言えます。


私が、最初、「報道カメラマン」 を目指したのは、
実は、ここに理由がありました。


では、風景写真家の場合はどうでしょうか?


S 君 に、生まれつき、芸術的天性が、
備わっていると思われる場合は、それを磨いて下さい。

芸術的天性」 などと、ちょっと、かたい言い方をしましたが、
簡単に言えば、「感動する心」 なんです。
もっと、くだいて言えば、

物事に、ハッと驚いたり、悲しんだり、喜んだりする心」 です。


1年ぐらい前の事でした。
NHKラジオで、こんな放送を聞きました。
元 女子大学の学長さんだった 「K子」さん の話です。

「 学生時代、修学旅行で、寺院見学をしたおりのこと。
ある金色の仏像の前に立った時、
私は、 ”感動” で胸が一杯になり、涙が、溢れて止まりませんでした

もう、これで、死んでもいいとさえ思ったくらいです。
何故そう思ったのか、自分でも分からないのです。 」

K子さんは、何時頃からか、歌を作り始め、そういう本も出しているお人なのです。


良い例 では、ないかも知れませんが、K子 さんには、おそらく、
芸術的素質、あるいは、感性が、備わっていたのではないかと、
私は思うのです。


もしかすると、「仏像」 に触れて、
K子さんの 感性 が導きだされたとも、いえるかも知れません。


いずれにしろ、生まれつき「芸術的感性」を内にひめている
と思われる人の場合、その素質を磨いていけばいいと思います。



しかし、そういう「素質」があるかどうかを知るのは
とても、難しいといわねばなりません。


「S」君の場合、どうでしょうか?


ごく普通の中学生の場合!




大変失礼なことですが、S君が、ごく普通の中学生と、
仮定して、そのうえで、「風景写真家」希望の場合
について説明したいと思います。



下の写真2点をご覧下さい。

(いずれも、ケータイで撮り直して掲載していますので、
原画そのままが、出ていないことをご了解ください)



上の写真は、小さい頃からとても感性豊かで、現在は、世界的詩人であり、
小説家としても、活躍している人「Ⅾ」さんの写真です。  

しかし、写真に関しては技術的なものは、
ほとんど、持ち合わせていないお方が撮ったものです。


(フオト雑誌から引用させていただきました)
素人の風景.jpg
(いわば素人が撮った風景写真です)


下の写真は、社歴20年、技術的には、ベテランの域に達した方のもの。
写真は、カメラ雑誌の月例コンテスト上級の部で入選したものです。

(フオトコン誌から引用させていただきました)
日本画的風景.jpg
(月例コンテスト上級の部で入選した風景写真です)



注)

① 
上の写真を撮った方は、外国のある有名な写真団体の会員に推挙されています。
一国だけでなく、数か国において、国際的水準の栄誉を受けております。
その芸術的才能を高く評価されているお人です。

技術的訓練など、あまり、経験なく、感動した風景に無造作にカメラを向けて、
オートで撮影を行っています。



② 
下の風景写真は、選者に絶賛された、風景写真で、日本画的、
風情をも感じさせられる秀作です。  

プロとしても、充分肩を並べる作品といって良いでしょう。
この方は、ひたすら、コンテストで腕を磨き、感性をも身につけたお人です



さて、上の2枚の写真と撮影者の経歴をご覧になって、
どう感じられましたか?


私が、ここで言わんとしていることが、もう解っていただけた
かも知れません。


そうなんです。

風景写真は「芸術」ではあるのですが、作者との間に
カメラという機材が介在しております。


写真の場合、この 「カメラ」 技術をみがくと同時に、
風景写真に対する感性を育てれば、必ずや、
S 君も 「風景カメラマン」 になることは
「可能」 だと私は思っています。



他の箇所でも、書いたことですが、趣味として写真を
始めた人が、雑誌のコンテストに応募を続けることによって、
素人から、プロの「風景カメラマン」になった人は、非常に
多いです。


その人たちの軌跡をしらべたことがあるのですが、
素人から、プロ、あるいは、プロ級のうでな達するまで
どの位かかるかというと、

大体「10年」はかかるようです。


人気カメラマンの 「米美知子」 さんも
ずぶの素人から、プロの風景カメラマンとして独立するまで、
私の調べたところでは、 「7~8年」 かかっております。

多少の誤差はあると思いますが、その点ご了解くださいね。


どうか「S」君も希望を持って、ガンバって下さいね!


大丈夫ですよ。  応援してます!



    ■ <  関連 記事 >

・風景写真・プロ中のプロが撮ればこうなります

これが、人をうならせたプロの写真です!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
風景写真家になるには ブログトップ

スポンサーリンク


< トップへ戻る >