So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
プロカメラマン ブログトップ

カメラマンへの道・風景写真家になりたい。 [プロカメラマン]

風景カメラマンになるのはどれほど難しいのだろうか?
有名でなくとも、収入が低くとも、なんとか写真で生活したい!
写真関係の学校に行くべきなのだろうか?
ネット上で29歳のサラリーマンが問いかけていました。



風景写真家になりたい!



冒頭の話をネット上で見かけました。

投稿しているのは20代のサラリーマン「K」さんで、
写真歴、数ヶ月の方です。


いずれは写真で生活したいと願っており、できれば、
風景写真を撮りたいといいます。


(プロの風景写真①)
風景写真なりたい①.jpg


Kさんは、次のようなことを問いかけていました。

その概略は以下です。


ーーーーここから


 写真家といってもいろんなジャンルがあります。


.アイドルや有名人を撮る
2.風景写真家
3.スポーツカメラマン
4.報道カメラマン
5.町の写真屋さん
6.戦場カメラマン
8.テレビカメラマン

等々・・・・・・・・・・・・・・。


わたしが、一番なりたいのは、

風景写真家です。


strong>前田真三さんや、竹内敏信さん
のような写真を撮れるようになりたいと思っています。


それが無理なら、スポーツカメラマンでも
報道関係のカメラマンでも町の写真屋さんでもいいので、


とにかく写真で飯を食っていきたいです。


しかし、独学で一人前のカメラマンになるのは
難しいんじゃないかと思います。


そこで、私の年齢で写真家を目指すとすれば,
どういったルートが考えられるでしょうか?


私は、写真は 「芸術」 だろうと思っています。


音楽や絵画のプロになるには努力だけじゃだめで、
生まれもっての才能や運が必要だったり、
子供のころから教育を受けていないと厳しいでしょう。



そう考えると写真でプロになるのはそこまで 難しくはないと思うのですがどうでしょうか?

こういうとプロとして仕事をしている方に怒られそうですが、

素人の浅い考えだと思って教えてほしいです。


ーーーここまで



<参考までに>

「前田真三賞」「竹内敏信」について。



「前田真三」とは、「前田真三賞」が創られているぐらい
著名な風景写真家で 
今を時めく「米美知子さん」も独学でコンテストを経て
「前田真三賞」を受賞し、風景写真のプロになりました。



「竹内敏信」氏は公務員から独学でプロカメラマンに
なった、今や日本を代表する風景写真家です。


さて、上記の相談を、皆さんはどう思われますか?


意見はいろいろあると思いますが、
ここでは、わたしの考えをお伝えしたいと思います。


「率直に言ってしまえば、努力と時間を惜しまなければ、
あなたも、必ず風景写真家になれる!」

と、私は、確信をもって言うことができます。


それには 「2つの理由」 があります。


① 
写真について何も知らない「主婦」や「サラリーマン」、
「職人」「ドライバー」など、数え切れないほど、風景写真家
なった人を見てきたからです。

このブログでも、その一部ですが、投稿してきました。



また、風景写真は、「芸術」とはいえ、カメラを介して表現しますので、
そこに、「技術」はもちろん、「偶然性」も含まれると考えています。

それが、絵画などの純然たる「芸術」とは異なるところだろうと
思っているのです。

この「偶然性」の効用については、大家といってもいい
写真家の「長野重一=故人」氏なども、言及しています。

いずれにしても、写真においては、「風景カメラマン」に努力と
その継続で必ずなれると、確信しています。

Kさんも「風景カメラマン」へ向けて、一生懸命
ガンバってみて下さいね!

心より応援しています。!






■ < 関 連 記 事>

・カメラマン志望に、大学は不要だった!
・カメラマン ・1年でプロデビューできたわけ。









nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
プロカメラマン ブログトップ

スポンサーリンク


< トップへ戻る >