So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
写真家 仕事 ブログトップ

写真家 仕事 [写真家 仕事]

プロになった女性カメラマン大石芳野さんが、
どんな道を歩んだか、収入を求めて、
仕事の注文をどうして獲得していったか、
少し詳しく見てみましょう。

実のところ、学校を出ていきなりプロカメラマンになった場合、
仕事を得るのはとても困難です。

日本大学芸術学部写真学科を出てすぐ、
プロカメラマンとして活動した
女性カメラマン大石芳野さんの足取りを、
追ってみましょう。

大石芳野さんはいいます。

「 注文をとる為に、自分の写真をもって、
営業にまわるんですが、
その中身は、営業の相手によって変えていきました。

仕事で撮った印刷物がたまっていけば、
また別にまとめて、あとまわしにしたり、
様々な方法で営業しました 」

「 でも一回営業に行ったからって、すぐに仕事が、
くるはずがありません。

もう、手帳が真っ黒になるくらい、色々な人に、
紹介してもらったり、会いに行ったりしていました。
それでも何十件に一件くらいは、仕事をいただけたので、
それで息をつないで、
また次の仕事に繋げていってました 」と。

仕事がないかぎり、収入もないわけですから、生活も大変です。

さらに、続けて、

「 バスには乗らずに歩く。
喫茶店には入らずに、公園の水道水を飲む。
バス代もコーヒー代もフィルムや現像液を買うための、
費用にしていました。
定価の洋服なんて買ったことなかったですね。 買ってもバーゲン。

だから、父が、見かねて何着か、買ってくれたことも、ありました (笑)。  
とにかく、倹約、倹約でしたね 」


大体こんなところです。

「大石芳野」さんの苦労の一端が、
おわかりいただけたでしょうか。

>>とても高い評価を受けている写真集ぞろいです (楽天)


フリーと言う立場は、仕事が入り、収入になるまで、
とにかく大変です。


では、今日は、この辺で。




タグ:仕事 写真家
nice!(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
写真家 仕事 ブログトップ

スポンサーリンク


< トップへ戻る >