So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg


写真家:女性カメラマンとして有名な石内都の心眼に共鳴しました! [石内都の心眼]

写真家として世界的に知られる女性カメラマン石内都さん。
死後の遺品を撮る写真家として、国内外で有名なお人です!
遺品を通して時間を撮るという「心眼」の深さに共鳴します!



得体のしれない写真家「石内都」




今月(6月)半ばごろだったでしょうか。

女性写真家と監督(女優でもある)の対談を見ました。


写真家は、主として遺品を撮り続ける

「石内都(いしうちみやこ)・70」 さんという有名な女性カメラマンです。


isiuti①.jpg
(石内都・70)



相手は、韓国で女優デビューをして、最近監督としても、

国際的に注目されている「杉野希妃(すぎのきき)・33」さんです。


sugino①.jpg
「杉野希妃(すぎのきき)・33」



私は、「石内都」という写真家を「木村伊兵衛賞」を取ったカメラマン

というぐらいにしか知りませんでした。

それと、「遺品」 を撮っている、一風変わった写真家というイメージを

持っていました。


ところが、このテレビ対談を見て、スッカリ印象が変わりました。


語りは非常に軽妙で、常にニコニコしていて、気さくな年配の

”おばさん”って感じでした。


それでいて、写真に関しては、グイグイと

わしづかみにするような「トーク」がながれてくるのです。


「私は、時間を撮ってるの!」 とか、

「独断と偏見で撮ってる!」


とか、軽い日常会話の如く、サラリとおっしゃる。


正直、私は、驚きましたね。


「石内都」 という写真家に、あらためて、

得体のしれない興味がわいてきました。



写真家「石内都」の心眼



次の写真④は、靴や、コルセットを撮っているところです。


isiutu③.jpg
(コルセットを撮っている写真)


korusetto④.jpg
(コルセット+スカート)




石内さんは、


「コルセットを着たい・・・」


いうメッセージが、遺品から、伝わって来るといいます。


遺品をジッと見ていると、遺品から何かを感じ取り、

それを即写真に撮りたくなってしまうというのです。


これは、前回、素人写真家の「S」さんが、風景を撮る時の

心境と似ていると思われませんか?



石内都さんは、「遺品」 の声を心で聞き取り、


「S」さんは、

目前に広がる風景の美しさを「心で感じとる」。



お二人の写真は、目の前の被写体を、ただ見て

撮った写真ではないということでしょう。




心眼で撮ることは誰でもできる!



「心を打つ写真を撮れ」

「ハッ! とする写真を撮れ」

「人まねでない写真を撮れ」

「オリジナルな写真を撮れ」

「自分しか撮れないものを撮れ」



出回っている多くの「カメラ雑誌」において、

コンテストの審査を務めるプロは皆、そう言って

応募者に、「アドバイス」や「激励」 を送ります。


「それができたら苦労はないよ!」


必死の努力で、応募を続けている人にとっては、

グチの一つも出てくるところかもしれません。



しかし、諦めないでください。


やり方次第で、「傑作」 は撮れるようになるものです。



たしかに、前述の「石内都」さんや「S」さんのような

「心眼」で撮っているようなレベルに達するのは、私たちには

ナカナカ難しいかも知れません。


でも、努力次第で、

その域に近いところまでは、達することができます。


独学で、いわゆる「カメラ雑誌」の「月例」で学んだ

先輩たちの多くが、確実にそれを証明してくれています。


このブログでも、そのような先輩の、ほんの一部を

紹介してきました。


では、どうすれば、そのような先輩のようになれるのでしょうか。



それについてプロの風景写真家

北中康文」氏は、


kitanaka1.jpg
(北中康文さん)



「人まねではない自分だけの写真を撮ろう」

と題して、

「フォトコン誌上」で次のように語っています。


「大切なのは、人まねでないオリジナリティです。

そんな写真を撮るには、

自分自身が撮りたい対象をしっかり持つこと。

そして、


” 対象の魅力を自身の眼で掘り下げていけば ”


おのずと道は開けます。」



ここで大事なのは、


”対象の魅力を自身の眼で掘り下げていけば ”


という部分です。


「対象を自分の眼で掘り下げる」

というのは、

「対象をジーッと観察する」

「ジーッと視つづける」

と言い換えてもいいでしょう。

ひいては、このことが 


「心眼」で撮ることに通ずるのです。 



例えば、次の写真をご覧下さい。

フオトコン誌のグラビアに採用された1枚です。


kami①.jpg
タイトル=「月読(つくよみ)に舞う」
(月読というのは、月の神 をさすそうです)


「まえのかつみ・45」さん という人が撮ったものですが、

この写真について、


「・・その花は、カゼに揺れて、まるで妖精のようにみえます。

・・・・妖精にあうために、毎年御嶽山に泊まります。

そうすると、美の神が降りてくるのです。・・・」


これを撮った「まえの」さんは、泊まり込みで花を観察したそうです。

あとは、上の「コトバ」を繰り返し読んでみて下さい。

きっと、その心境をくみ取れるのではないでしょうか!


あなたも、周辺の木々や、植物などを ジーッと

観察してみて下さい。


きっと、何かを感じることでしょう。



知識、コトバ、情報が心眼を育てる!




対象を見ても何も感じない時は、

何かの「コトバ」を添えてみて下さい。



たとえば、


「もし色がグリーンだったらどう変わるだろう?」

「もし、雨が降ったらどうなのだろう?」

「もし子供が、イタズラしたらどんなだろう?」


いろいろ考えてみて下さい。


あなたの頭にさまざまな情景が膨らんでくることでしょう。


知識(コトバ)や情報が「センス」を磨き

心眼を育てる方法の一つでもあるのです。

大いに活用してくださいね。


それでは、今日は、この辺で・・・・・・・。



    < 関連 記事 >

カメラマン:独学で 感性、創造力、を簡単に発揮する方法!
■ 写真家(カメラマン)の簡単な感性の磨き方!超意外で驚きました!






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雑誌にも出ない素人同然のカメラマンがナゼ外国からから評価される? [素人同然のカメラマン]

普段、雑誌などで全く見かけない素人に近いカメラマンが
外国で、高い評価をうけています。ロシア、インドなど
数か国で写真芸術賞に推挙され、巡回個展も開催されてます。



こんにちは。

定期検診に行っていて投稿が遅れましたが、

申し訳なかったです。(苦笑)



huukei①.jpg




huukei2.jpg


都合で、先に写真②  について言いますと、

この写真は「世界中の名山」を撮り続けるカメラマンの
「白川義員(しらかわよしかず・82」氏の1点です。
この種の写真では日本の第一人者と言ってもいいぐらいの、
世界的カメラマンです。
私が、ここで説明するまでもない日本最高峰のカメラマン
と言ってよいでしょう。
(日大写真学科出身)

次の写真も「白川義員」氏の写真です。


sirai②.jpg (カレンダーなどにも採用されています)



それでは写真①に移りましょう。
写真①はある「支援団体」の指導者の方「S」さんが撮った
写真の中の1点です。
「S」さんは、国際的フオトジャーナリスト「三木淳・故人」氏に
薦められて、写真を撮り始めています。
「三木淳」氏は、慶応大学出身で、のちに「土門拳」に師事し、
世界にも知られた著名なカメラマンです。
評論活動もしておられて、ジャーナリストとしても
広く知られておりました。


miki①.jpg
「三木淳」氏


何故、彼が、「S」さんに写真を薦めたのかその辺の
いきさつは、分かりませんが、三木氏は、「支援団体」が持つ小新聞社の
カメラマンの「撮影の手ほどき」に呼ばれたことがあったそうです。
その時に、三木淳氏と「S」さんとの歓談で「写真」の話が、
なされたようです。

「S」さんは、詩人でもありましたので、話しは芸術全般にわたり、
そんな中で、三木氏が「S」さんに写真を勧めたようです。

もちろん、それまでの「S」さんは、写真には全く接触がなく、
未経験者だったそうです。

三木氏は、カメラ操作と、簡単な技術的なことを「S」さんに
話しただけで、細かな支持はなかったといいます。


職務上、世界中を駆けまわる「S」さんには、
決まった撮影時間などなく、旅をしている途中で、
気になったり、感動した風景をそのつど撮って来たようです。
特に、複雑な構図を勉強するでもなく、カメラの
込み入った操作を研究することなど、ほとんどありません。

写真の多くは、「オート=自動」 で撮られており、

被写体も、その時、その時に、心に残ったものばかりです。

いわば、素人カメラマンの「徒然写真」と言った感じですね。

気の向くままに、シャッターを押してこられたようです。


それでは、 あと、2点、写真を挙げてみましょう。


ikeda②.jpg


ikeda④.jpg



上2枚とも「S」さんの個展での写真です。


問題は、素人同然の写真家が、何故このような
「外国から高く評価される」 写真を撮ることができたのか? です。


あなたなら、どう思われますか?


これこそ「心眼」としか言いようがないのでは? と思うのです。
前述の「三木」氏も同様のことを語っておられたようです。

土門拳も 「心眼」 で撮っていたというお弟子さんの記事を
雑誌「アサヒカメラ」で読んだ記憶があります。


「S」さんの「心眼」 の根底には、「他への深い愛情」 が
関係しているようです。

では「心眼」と「他への深い愛情」 とはいったい何でしょうか?

それについては、次回でお伝えしたいと思いますので
どうぞお待ちください。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

有名な写真家でなくとも、多くの国が認める知られざる芸術家! [国が認める無名写真家]

有名ではなく、名もないアマチュア写真家が、世界から、
「写真芸術賞」を受け、写真芸術部門の会員にも推挙される
ということは、普通考えられないでしょう。しかし、世には
そんな偉業を遂げる知られざる「写真家」がいるのです!





huukei①.jpg






huukei2.jpg





上の写真①、②は、共にケータイで撮り直したものですので、

原画の「素晴らしさ」を味わっていただけないのが、

残念ですが、ご了承下さいね。 (苦笑)


この2点は、一方は、日本屈指の超有名なプロ写真家のもの。


もう一つは、プロではありませんが、

インド政府やロシア政府など数か国から、絶賛され、

外国を巡回する個展から抜粋した 1点です。


とりあえず、この2枚を、じっくりと

味わってみて下さい。


後ほど、写真家と、作品の説明を追加したいと、

思います。



説明の前に、


・あなた目で、

・あなたの脳で、

・あなたの肌で


感じてみていただきたいのです。



それでは、後ほど・・・・・・・。








nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

写真家:80歳の初心者が撮るコツを速くえ得する方法を教えて! [80歳の初心者]

前回「最速独学戦略」を中止とお伝えしました。それに対して、
「バカヤロー」と先輩から一喝されたあと、写真の撮り方を速く
覚えたいと80歳の初心者の方からメールを頂きました!


時代の流れは予想以上に速い!




こんにちは。10日ぶりの投稿です。


「最速独学戦略」 の中止について、あれこれ考えてみました。


その間、

「99%の会社はいらない!」

という本を読みました。   三度目です。


著者は、もうお馴染みの、ホリエモン(堀江貴文)さんです。

3年前、会社ライブドアに関する不祥事で、有罪になった人です。


horiemonn①.jpg
「ホリエモン(堀江貴文)さん」



2年足らずの服役したあと、出所。

現在、テレビ、ラジオ、著作、インターネットと

各方面で、八面六臂の活躍ぶりです。



ホリエモンさんは、100冊近い本を出していると聞きましたが、

私は、そのうち5~6冊しか読んだことがありません。

服役以前は、

「ほとんどの問題(100%近く)はお金で解決できる」

という意味のことを書いておられたのを知って、

読むのを止めました。


非常に効率を重んじる人でした。


ところが、驚きました!


前述の本

「99%の会社はいらない!」 には、

「”ギブ&ギブ ” の精神が大事だ!」

という記述がありました。


服役中に相当「本」を読んだそうですが、そういうこともあって、

何か大きな「心境の変化」があったのかもしれません。



話が、本題とは、離れたかのように思われたかもしれませんが、

決してそうでは、ありません。


今、時代の変化が非常に速いと、多くの人が、

語っています。

普通一般の人にもそう感じる人は少なくないと思います。


ロボット、インターネット、企業、フアッション、

政界、スポーツ、・・・等々、どの世界を見ても

スピードの速さを感じます。

写真の世界も、変わりつつあります。


詳細を省きますが、「篠山紀信」「森山大道」といった、

話題の写真家が、やはり、「時代の変遷の速さ」 について、

書いているのを、目にしたことがあります。



先の「ホリエモンさん」は「時代のスピード化」について

次のような面白い例を書いていました。

「寿司屋」

についてです。

「飯炊き3年ニギリ8年は時代遅れ!」

と言ったあと

「いまどき、イケテル寿司屋はそんな悠長(ゆうちょう)な

修業はしない。 寿司アカデミーで学んだら,あとは、センスが大事。」


調理学校で3か月の集中特訓をうけた生徒と卒業生が一緒に提供している

「鮨(すし)千陽(ちはる)」 が開店11か月で、

「ミシュランの星」を獲得したと言います。



「ミシュランの星」というのは、フランスからきたもので、

レストランの格を星の数で表したものだそうです。



また、あるテレビ番組でのこと。

寿司アカデミーで「1年」ほど学んで、独立した人の

「寿司屋」へ、ホリエモンさん自身が、実際に食べにいったそうです。


「普通に美味しいし、接客もできている。

中の上くらいにランクできるような店だった」


そうです。


寿司屋になろうとすれば、長い修業期間が必要と

あなたは、思っていませんか?


私は、この話を知るまで、そう思っていました。


それが、1年 ですよ!


「飯炊き3年ニギリ8年」。


これは、もう昔の話なんですね。


昨夜、あるテレビ番組で、

あの辛口の

「田原総一郎さんと ピコ太郎」 対談を見ました。

内容は、いろいろでしたが、やはり、

「時代の流れの速さ」 を、ここでも感じさせられました。



そして、メールを下さった初心者の方が、

なんと80歳の高齢の方だったのです。

「今から、写真をを始めたい」 と。


妙なことを言いますが、ボクは、「シンクロ(引き寄せ)」

を感じました。


このシンクロ現象は、前にも言いましたが、最近私のなかでは、

よく起こることなんですけどね。



80の初心者の方が撮り方やコツを速く覚えたい

という望みに、私なりに、精一杯応えたいと思います。



では、今日はこの辺で・・・・・・・。








nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

写真家になる最速の方法配信の中止を決めたら先輩曰くバカヤロー! [写真家になる]

写真家になる最速の方法の配信を始めたのですが、大事な
デメリットに気付き、更新を止めようとしました。すると、
「止めるなバカヤロー!」先輩のプロから一喝されました!



写真家になる最速の方法のデメリットとは?




今年初め、「最速・独学戦略」 をお伝えしようと、

更新を始めました。

ところが、どうしても、途中で手が止まって進まないのです。

その理由が、「健康にあったこと」 を前回お伝えしました。



すみませんが、・・・・・・

ここで、ちょっと、申し上げたいことがあります。(ゴメンナサイ)


( 臆面もなく、”最速の法” などと書いていますが、これを見て、

「 よくも、ヌケヌケと、恥ずかし気もなくそんなことが書けるなあ 」 と

思われる方もあろうかと思います。

「最速の法」 というのは、あくまでも、ド素人だった私自身の

つたない体験から述べていて、他人様の話は、一切入っておりません。

「最速の法」 などと言うと、いかにもベテランが書いているかのような

印象を受ける人も、あるかもしれないと、感じたものですから、

一言、付け加えさせていただきました。

どうぞ、よろしくご了承下さい。)


それでは、上記の続きを書いていきます。



・・・ここから

私は、ただただ 「速くプロになる」 という一心で、

ひたすら、「最速の独学」 を続けました。



bakayaro-①.jpg



これまで、幾度かその一部を書いてきましたが、

日常の生活については、ほとんど触れてきませんでした。

別に意図があったわけではなく、写真を学ぶ上で、あまり

必要だとは感じていなかったからだと思います。



しかし「最速でマスターする方法」を実行する上で、

大事なのは、ノウハウだけでなく、「日常のありかた」

が大事なことに気付かせられました。



先輩は、私が 「最速・独学戦略」 の配信中止を投稿した後、

電話で怒鳴ってきました。


 バカヤロー! おまえが、実行したノウハウは、貴重や!

写真を学ぶ者にとって、役立つところは、多いんや!

おまえが、体調を崩したのは、お前の健康管理が

悪かったからやろ!


”ノウハウ ”と ”健康” は、別物やないか! 」



バカ2.jpg



私は、しばし、ボーゼンとする中、そのことをもう一度

反芻しておりました。

よく考えてみると、全く先輩の言う通りでした。


体調を崩したのは、私の不規則な生活態度にあったのです。


写真を「最速でマスターする方法」 にあったわけでは、

なかったのです。


1年足らずでプロになれた「最速・独学戦略」が

悪かったのではなく、自分の日常の 「健康管理」 

がなっていなかったのでした。


私の 「最速・独学戦略」 の最大のデメリットは、そこに

あったのです。


気づいてみれば、実に簡単なことでした。(苦笑)



それに、もう一つ、


「写真を楽しむ」 


ということが抜けていたようです。


「一回限りの人生です。」

「やはり、楽しまなきゃだめですよね。」


「カラダをつぶして、なんで、楽しいか?」

ですよね。




もう一度アタマを整理して、

投稿、し直しますね・・・では、次回でまた・・・(笑)





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スポンサーリンク