So-net無料ブログ作成
検索選択



風景画像①.jpg






鉄道カメラマン中井精也・・伝えたい熱意と写魂! [鉄道カメラマン]

鉄道カメラマンになりたいという人が増えてます!
カメラマンとしては中井精也さんが知られてますが、
鉄道といっても、千差万別。  難関ですよ!




こんにちは。



「先日鉄道カメラマンになるにはどうしたらよいか?」


というメールを高校生からいただきました。


そこで、今日は鉄道カメラマンとして知られる「中井精也」さん

をご紹介しますね。

あれこれと私が言うよりも、

その方が参考にしていただけると思いますので。



 鉄道写真家・中井精也




中井精や.jpg
(中井精也さん)


それでは今日は、この辺で・・・・・・・・・。
















続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

カメラマンになる:一本のレンズにかけた独学の意地でプロの道へ!

                       
カメラマンになると決めた時、レンズは広角一本!
初心者が独学でやるにはレンズ一本にかけるのも一つの道!
プロになるまで私は、とうとう広角で通しました!




こんにちは。


昨日、写真グループの仲間が集って雑談を行いました。


「カメラマンになるための初心者が選ぶレンズ」

というテーマで話し合いました。

そこで、私自身の初期の体験をはなさせていただきました。


それがどんなものだったかを、ここでも、ご紹介してみます。


続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

カメラマン: 撮影テクニックに左右されないプロの論理! [撮影テクニック]

ID:07s4fa


カメラマン目指す人がこだわる撮影テクニックに反論!
写真は、カメラとレンズと光があれば撮れる!
小手先のテクニックにこだわり過ぎるのは作者不在!




こんにちは。


今日は、プロカメラマンが、

「むやみにテクニックを使うな」 

と警告をしている一文を見ましたので、

それを取り上げてみました。


実は、私も、最近、折にふれそのことを考えるように
なっていましたので、上の一文が目についたのだろうと思います。


カメラ雑誌上で、たまたま書いておられたプロカメラマン

「江口慎一」 さんが発言しておられた一文です。






● 「テクニック無用の写真術」


「江口慎一・(62)」さん。
江口慎一.jpg
(マクロ~風景写真を撮る
ユニークなカメラマン)


「江口慎一」さんと言えば、

身近な小さな自然をモチーフに、光が操る自然の美しさや不思議さを
とらええ、光の祭典として、画と創作詩 なども織りなす魅力的な
写真を見せてくれる風景写真家です。


写真を撮る時、「アクセサリーは、不要だ」 とおっしゃっています。

さらに、

「 特別なフィルターや、多重露光、その他
小手先の技にこだわり過ぎると、それは、
作者不在の表現になる 」

ともおっしゃっています。


そして、安易な手法に頼ることをいましめておられるのです。


「 モチーフと真摯に向き合うことによって、
創作意欲も湧き ”表現””作品”の幅も広がる。」

という意味のことをおっしゃっています。

これは、美大で、数年間リトグラフ(版画の一種)という創作に
取り組んできた人だからこその言葉でしょう。

ちなみに、在学中、モダンアート展や他にも入選されています。



以前、女性カメラマンの「梅佳代」さんがライターの
田原総一郎さんと対談していたことを取り上げたことが
ありましたが、

彼女は、いろいろある撮影テクニックをほとんど使いません。

田原総一郎さんと、東京浅草を漫歩しながら、楽しく
語り合うなか、歩いているとき、撮りたいものが、目に入ると、


首に下げた一眼レフでさりげなく 「サッ」 と、
撮ってしまうらしいのです。


「ボカス」とか、「構図」とか、「ピント」とか、

いっさいわずらわされず、「オート」 で、一瞬に
撮ってしまうのです。


木村伊兵衛賞を受賞した時の写真もほとんどが、
そういう写真だったと聞いています。



私は、カメラ雑誌における入選写真を調べてみましたが、

「オート」 で上位入選している写真がけっこう

ありました。

風景、人物、初級、中級を問わずです。

下の①②③のオートで撮った入選写真です。




おーと2.jpg




おーと3.jpg




o-to1.jpg






そういえば、海外のいくつかの国から、写真芸術に関する
名誉ある賞を受賞した写真家を知っていますが、

この方は、日本を代表する写真家「三木淳」氏に、
初歩的カメラ操作を教わっただけだそうです。

複雑なカメラ操作は、一切しないということでした。


私の手元にいくつかその写真がありますので、
3枚挙げておきましょう。




(鮮やかな夕日の色は約束の色。  朝日の晴天を告げる)
池田3.jpg




(青から橙へと変わりゆく空の合間に雲が走る)
池田2.jpg




(軒下に情熱の花が咲いていた)
ikeda花.jpg


上の写真はすべてオート(自動)操作で、ただシャッターを押して
撮ったものです。
じっくり味わってみてください。

複雑な一眼レフの操作に惑わされず、オートモードでもこれほどの
写真がとれるのです。


すべて国際的評価されている写真です。


時間のない中で頑張ってる、独学のみなさん、
被写体と、語り合ってみてください。



それでは、今日は、この辺で・・・・


また、次回でお会いしましょう。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スポンサーリンク