So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






スポンサーリンク

月例コンテスト、ついに1位!プロカメラマンへ! [月例コンテスト、ついに1位!プロカメラマンへ!]

 
写真家 ・米美智子さんは、カメラ雑誌月例コンテストで接戦!
重なる艱難を排し、3年目で遂に第1位を獲得!
それを機に、個展を開き、写真集を出し、プロへと転身!


こんにちは。


今回は、月例コンテスト出身の
写真家 ・米美智子さんをご紹介してみましょう。
もう、いわずとしれた今をときめく女性プロかメラマンの一人です。



下の写真は、米美智子さんが、2003年、フォトコン誌月例コンテストの、
年度賞1位を獲得した年、最後12月号に載った作品です。
この受賞を機に、米美智子さんは、プロカメラマンとして、独立。


作品名 「 ベストドレッサー 」
米作品.jpg

このときの審査員はベテラン写真家・丹地保堯(たんじやすたか)さん。


写真評)

「・・・・シダをまとった木はまさにベストドレッサー。
・・・・米さんの手でアートの世界に変身してしまいます。
角度や、状況で、様々な様相を作り出してしまう森は、表情豊かな
格好の被写体に変容します。・・・・」



ところで、
昨年のカメラ雑誌 「朝日カメラ」 で月例コンテストカラーの部を、
審査したのは、「田村彰英=プロカメラマン」 さんでした。
(これは米美知子さんの作品についてではありません。入選写真をどのように
評価してかいているかを取り上げたいための例として、挙げました)


「田村彰英」 さんは、
朝日カメラ誌の 「月例審査」 において、
その冒頭で次のようなことを述べています。


・・・かつて私が総合写真専門学校に通っていた頃、

校長の”重森 弘淹(しげもり こうえん)”先生は、

在校生200人の講評会でこんなことを話したのです。

ーーーー きみたちの写真には、思想 というもんがないんや!  わかるか!
君達のモダニズムや!  わかるか?

君達には、
アクチュアリティ(現実感)がないんや! わかるか!・・・・ --ー

と言って、毎回、私たち学生に教えてくれました。


▲ 注) 重森 弘淹
        (写真界の論客であり、大御所といえる存在です)



以上が審査員「田村彰英」 さんの話の抜粋です。


この話は、抜粋ですので、ちょっと理解がしにくいかもしれません。
それでも、あえて、私が、取り上げたのは、

 「田村彰英さんの、審査への熱心さ」 を知っていただきたかったからです。


カメラ雑誌の「短評」とはいえ、審査員は、
その人なりの「心眼を」 評 にこめております。
(ここでは、「丹地保堯」 さんと 「田村彰英」 さんをさしています。)


米美智子さんの作品に対する 「丹地保堯」 さんの 評 と、
もうひとつの、写真家・田村彰英さんの 評 とを、ここで、一度、見比べてみて下さい。

評の中で、何を言わんとしているか、何度もかみしめてみて下さい。


フォトコン誌の米美智子さんの作品の 「評」 では、
 「シダをまとったタダの木が、米さんの手でアートの世界に変身してしまう」
とあります。

一方、朝日カメラ誌の審査で、田村彰英さんの 「評」 で
 「君たちの写真には、思想っつうもんがないんや!」  という
恩師の言葉をとりあげています。


上の ①、は、米さんの、考え、気付き、感覚、思いによって、ただのシダに見えたものが、アートに変容したのことを言っています。

② の 「君たちの写真には、思想っつうもんがないんや!」 とは、
要するに、米さんのような、考え、気付き、感覚、思いがない、と、
同じことを、指摘しているのです。


これまでも、何度か言ってきましたが、皆さんが、何を考え、何を思い、何を感じて、
被写体に向かっているか?

これが、究めて、大事なことなのです。 このことを、いつも、問いかけてみてくださいね!

繰り返しますが、技術的なことは、誰でも、時間をかければ、
ほとんどの人が、身につけられます。

しかし、被写体に向かった時、
「何を考え」 「何を思い」 「何を感じるか」 は、そのことを、
強く意識して被写体に、向かうかどうかで、ずいぶん変わるものなのです。

くれぐれも、頭に置いてやって下さいね。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

月例コンテストの常連、今では風景写真の大家! [月例コンテスト]

月例コンテストは、「竹内敏信氏」にとって、師であり、
学校であり、いわば写真道場だったともいえるでしょう
月例コンテストを続け、今では随一の「風景写真」の大家!
そんな竹内敏信カメラマンをご紹介します。



t竹内.jpg
(風景カメラマン:竹内敏信氏)




「竹内敏信氏」 といえば、写真愛好家なら、
もう知らない人は無いぐらい有名な方です。



私が、上京して、初めて写真を学びだしたころ、

先輩から譲り受けた「カメラ雑誌」の月例コンテストに

毎月のように入選 していた人がこの人だったのです。



それどころか、他の「カメラ雑誌」にも、同時入選していて、

「この人、いったいどんな人だろう?」

とずいぶん興味を引かれたものでした。



知るところによると、普通の大学を出たあと、
愛知県の県庁に勤める一般のサラリーマンでした。


いわば、働きながら、独学で、プロになった写真家なのです。



当時の、古い「カメラ雑誌」では、当時、すでに、アマチュアとしては、

ベテランの域を出る勢いであり、月例コンテストも卒業か
と思えるほどのベテランアマチュアだったのです。


その頃は、何でも撮って月例コンテストに応募していたようです。


あまり記憶がハッキリしないのですが、
竹内敏信氏が、「風景」 を専門に撮るようになったのは、
たしか、「燃え上がる山林の写真」 を撮った時ではないかと思います。


その頃の竹内敏信氏の写真には、炎上する山々の
「真っ赤な炎」と、「焼け焦げる空」の対比が、
印象的な写真として、頭に残っています。


先にも言いましたように、
すでにベテランの域を超えようとしていた竹内さんは、
自らも、「燃え上がる山林の写真」を見た時、
「衝撃的だった!」 と言っています。


竹内氏は

それを堺に、「風景写真」に移ったようです。

40歳を超えていました。



かつて、カメラ雑誌の月例コンテストで、

いわば 「コンテスト嵐」 ともいえるほど、


月例写真コンテストを師とし、訓練の場として、

また学校として、挑戦し続けたカメラマンも珍しいかと、

私は思っています。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カメラマン:月例コンテストは最高の学校です! [月例コンテストは最高の学校]

  

カメラマンになる上で、独学者にとって、「月例コンテスト」 は最高の学校!
そうおススメになった大御所的存在のプロは、コンテスト作品を、
渾身の思いで、これでもかというほど批評なさったのでした!




下2枚の写真をご覧下さい。

上の写真①は、定年後趣味で写真を始めた男性です。


月例おじさん.jpg

月例を始めて5年後にある雑誌の、
月例コンテストで、「金賞」(トップ)になった風景写真。
翌月には「銅賞」(3位)に入賞しています。


農家の人.jpg



私は、働きながら、独学で写真を学ぶ人にとっては、
カメラ雑誌の月例コンテストは、最高の学校であり楽しみの場でもある思ってきました。

それは、これまで、幾度も書いてきた通りです。

もちろん今でも、変わりはありません。

理由は、

①誰でも、
②いつでも好きな時に、
③プロの評価をうけられる。
④安価である。

ということです。


さらに、もう一つ大きな原因があります。

私が先輩から譲ってもらったカメラ雑誌の
バックナンバーで知ったことなのですが、


写真界の大御所 「土門拳」 が、
かつてカメラ雑誌の審査を担当した時のことです。

 「土門拳」 の評は、ものすごく長いのが通例でした。

それも、とおり一辺ではなく、もう命がけといった感じでした。

良くない点を指摘し、どうしたら良くなるか?
何故それを撮ったのか?
それによって、何を訴えたいのか?

・・・・・・・・等々、それは、しつこいほど、問うているのです。

そんな中で、「月例コンテスト」 は写真を勉強するには、

「最高の学校であり、最高の道場だ!」

と言っていたコトバが強く私の中に残っていたのです。


ちなみに、
みなさんは、「高間信二」 という著名なカメラマンをご存じでしょうか?

「竹の高間」 というほうがいいかも知れません。

この人は、「月例コンテスト」で、

「君は、竹を撮り続けるといいよ!」

という 「土門」 の一言で一生、「竹」 を撮り続ける
カメラマンになったと言います。



さて、
「月例コンテスト」 が、最高の学校!
という理由を挙げてきましたが、


ただ一つ、「デメリット」 があります。

それは、仲間がいないので「孤独」になりがち。

ということです。

これを克服する方法については、いつか
詳しく書きたいとおもっていますので、
お待ち下さいね。



ところで、前述の「月例コンテスト」について、
次のようなことを言ってるお方があります。


ある初心者に
「 月例コンテストに、強くなれる方法を教えて下さい 」
と乞われて、

 カメラ雑誌の月例コンテストなんか、審査員の好みで、
決まるようなもんだ。
つまらんからやめといたほうがいいよ!

と、言っているのです。


今までも、何度か、そういう人に出くわしましたが、
これは、カメラ雑誌の月例コンテストの実情を、ご存じない方の、
言葉ではないかと私は思っています。

確かに審査員の好みはあるでしょう。

しかしそんなことをあげれば、

全国で行われる各種写真コンテストのすべてに言えることです。

審査員になる人は、そんなことは百も承知でしょう。

それでいてなおその壁をこえた審美眼をもっておられるはずです。

ほとんどの審査員は長年プロとカメラマンして活躍し、賞を受賞したり、

写真集を出したり、個展を開くなど、

写真界でも高い評価を受けている人たちです。

さらに雑誌の月例コンテストにおいては、

1年(12か月)を四回に分けて四人の審査員で審査するカメラ雑誌も,

見受けられるようになりました。

そんなわけで、前述したようなことは、

全く心配はいらないでしょう。

月例コンテスト審査員の傾向を、調べたりする人があるようですが、
こんなことは、やめられた方がいいでしょう。

審査員のために撮るのではありません。
皆さんご自身が、対象に、何を感じ、何を考えているかを
伝えなければなりません。

それが、プロへの道だと確信しております。

なぜなら、プロカメラマンは、依頼者の願望(注文)
に応えなければならないからです。


例えば、

「桜」 をテーマに撮ってほしいとの依頼が来たとします。

カメラマンは 「桜」 のどこに感動し、何を撮りたいかが
一番のかだいでしょう。

あとは、カメラ技術の問題になってきます。

プロの場合、必ず、その写真を必用としている人がいます。

その人に対して、どれだけ自分の個性ある写真を
届けることができるか?   

ということなんです。


審査員の傾向を、調べたりする暇があったら、
作品作りに力を入れて下さい。

コンテストに挑戦しようとする人にとって、
参考になる1冊です。
http://books.rakuten.co.jp/rb/11768608/?s-id=sd_browsehist_search


それでは、「カメラ雑誌」の月例コンテストで、
勉強してきた多くのカメラマンの中から、
何人か主だった人を次回でご紹介してみたいと思いますので、
どうか楽しみにしていて下さい。

皆さんも、カメラ雑誌の月例コンテストで、必ず、
プロへの道が開けるものと信じます。


もし孤独に陥りそうなときには、こんな仲間がいることを
知って下さい。

私も、同じ修業中のカメラマンの卵や、プロの
記事をむさぼるように読んだものでした。
http://books.rakuten.co.jp/rb/12113153/


どうか、負けないでガンバッテ下さい!!


「継続は力なり!」  ですよ。







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

D3200ダブルズームキット・激安!まだ残ってますね! [D3200ダブルズームキット]

 D3200ダブルズームキットがこんな値段になることもまあるんですね。


D3200ダブルズームキットについて、少し追加したいことが
ありましたので、取り急ぎ、お伝えしますね。

私は、何ヶ月か前にニコンを初めて買ったのですが、
その時、望遠レンズの方は余分だったと書きました。

でも、やはり望遠つきのセットで(D3200ダブルズームキット)買って置かれた方が良いかと思います。

実は、私は、かつて、プロ時代に「28ミリ」の広角単レンズを、
マスターするため、歩きながら、走りながら、 転びながら、ノーファインダーのスナップを、
幾度も、幾度も、繰り返し練習を重ねました。

狙ったら、もちろん必ずものにしてしまうぐらいの意気込みで、
トレーニングをしてきたものでした。

それが、後の取材で仲間を抜いて、ダントツのスクープに、
つながった時は、驚くと同時に、うれしかったですね。

わたしには、その時の感覚が今でも身の底まで、
染み付いていてしまっていたようです。


というのは、昨日、写真グループの一人からこんなことを、聞かれたのです。

「・・・28ミリだけでは、橋の向こうの物体なんかだと、撮るのが、難しい・・・
どうしたらいいのですか・・・・? 」  と。


私は、とにかく、最初の頃、28ミリ1本を自在に使うことを、
自分に言い聞かせてきましたので、
この言葉には詰まりました。   ほんとにうっかりしておりました。

実際現場では、たしかに、そんな出合いは、いくらでも
出てきますよね。

そんな時、望遠ズームがあれば、もちろん便利です。

考えてみれば、セットでズームを一緒に購入しておいた方が、
あとで、ほしくなったからといって、別に買いたすと、高くつきますよね。

それなら、今、ズーム望遠付きを最初から買っておいたほうが、
賢明かもしれません。


その事を、初心者(多分、このブログを読んでくださっている方)であるみなさんに、
付け加えたかったのです。

条件付とはいえ、1万円台で 「ニコン」 が手に入るというのは、
外車 「ベンツ」や、「BMW」を半値以下で買うような物ですからね。

ほんとに、買い得だと思います。


調べていると、他の高級機種(二コン)に、売り切れたものが、けっこうあったものですから、
急ぎ足で、お伝えしました。

でも、決して、無理にオススメしているわけでは、ありませんので、
ご了解くださいね。
ただニコン好きな人は、検討されてみるのも、いいかなと思います。

いずれにしても、写真を撮る根底は、皆さんのにあることを、
忘れないで下さいね(笑)
カメラはあくまで手段ですから・・・・・。

二コンd3200ダブルズームキット格安はコチラです>>


では、今日はこの辺で・・・・・・・・・・・。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

d3200ダブルズームキットこれでスナップОK! [d3200ダブルズームキットこれでスナップОK!]

d3200ダブルズームキット ・ スナップ、コンテストこれでバッチリです。


実は今日は速報なんです!

いや、ひょっとしたら、もう人より遅れを取ってるかもしれません。
気が付いた時には、他のクラスが多くが売り切れでしたから。

d3200ダブルズームキットも売り切れ?
と思いきや、幸い、これは、まだ残っていました。(笑)

ニコンd3200ダブルズームキットが今、格安で出ています。
楽天に一万円台で出ていました!

ともあれD3200ダブルズームキットが残っていて良かったです
なぜならスナップにおあつらえ向きのカメラだからです。
これは、私が強く感じているのであって、
他の人も同じかどうかは、わかりません。

スナップ手法にとって、d3200ダブルズームキットは、

①軽く。
②小さく。
③使いやすい。
④画像が鮮明。
⑤初心者から中級までいけます。

そして何より
⑥価格が安いんです!

ただし、私が言ってるのは、
カメラ雑誌のコンテストに充分だと言う意味です!
(独学者にとって、プロへの道はカメラ雑誌コンテストが最高だと、 思っている私から見ればですよ)

これから、プロカメラマンを目指してガンバロウとしている初歩の方なら、
上のような理由(①~⑥)で、d3200ダブルズームキットは、
充分だということなんですよ。   大丈夫です!

それも 「ニコン」 がほしい!という人にとっては
という但し書きが付きますけどね。

皆さんが、カメラ操作にも慣れて、技術も進んでくれば、
他にもほしいというものが必ず出てくるものです。
そうなればその時、買えばいいでしょう。

まずは、一つの機種を使いこなすことです。
これでもか!」 というほど、スナップをやってみてください!

個展などの写真は、でかく伸ばしますが、
コンテストは大きくてもせいぜい4つ切り(週刊誌大)です。
このぐらいなら、d3200ダブルズームキットでまったく心配ありません。

ただ、今回の場合条件付販売になっているようなので、
よく確かめてくださいね。

■j条件は=「フレッツ光」 の新規加入が必須条件


それでは、前にも載せましたが、
D3200で撮ったスナップ写真を出してみましょう。

d3200.jpg

(中年フリーカメラマン)名畑文巨さん撮影。
この方は、広告や雑誌で活躍しているプロカメラマンです。
特に、子供の好きな人らしく、写真館で子供専用に修業を積んで
きた人です。  賞なども取っており、子供の写真集も多く出しています。


D3200絵描き.jpg

次に、2枚目のこのスナップ写真は、以前にも取り上げたカメラ雑誌(フォトコン)で
入選した写真です。  もちろんカメラは、D3200です。

人間を撮るというよりも、ペンキぬりの職人さんを強調するため、
わざと首無しのこういう写真になったと思われます。
ここでは、わかりにくいと思いますが、雑誌では、
ピントは、バッチリで、
様々な色あいが、クッキリと、 表現されています。

皆さんもピントだけは、しっかり合わせてくださいね。
これは、「鉄則」ですよ!


さてちょっと長くなってしまいそうです。

D3200ダブルズームキットは、レンズ2本セットですので、
これとスナップついて、ちょっとお話したいことがあったのですが、
今日はこの辺にして、又次回でお伝えしますね。

写真は撮るのを楽しむのが一番です。 ぜひ楽しむ工夫をして下さい。

二コンd3200ダブルズームキット格安で残あり!





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

プロカメラマン・チャンスをのがすな!方法より行動! [プロカメラマン・チャンスをのがすな!方法より行動]

プロカメラマンになって世に出るチャンスがやってきたら・・!



こんにちは。

お元気ですか。

今日はちょっと予定を変えましたので悪く思わんでくださいね。

プロカメラマンになろうと頑張っている皆さんには,
こういうことも知っておいて頂きたいと思いましたので、
取り上げました。

前回の続きは又、改めて書きますね。


それでは下の写真をご覧下さい。

滝とカメラ.jpg



きのうの新聞に出ていたものです。

わかりますか?   
いつものようにケータイで撮ったものなので
見にくいでしょうが カンベンして下さいね。

さてこれは、テレビのあるドキュメント番組一場面です。
右端はプロカメラマン。バックは滝と巨大な川。
どこだか、わかりますか?

地球最果ての火山島・アイスランドです。

もし皆さんがプロカメラマンだったとして、
テレビ局からアイスランドの写真を
撮ってきてくれと頼まれたらどうしますか。

こんな依頼はめったに来るものではありませが、
来ればプロカメラマンにとっては、大きなチャンスです。
あなたの撮った写真がテレビで紹介されます。
テレビの反響スゴイものです。
いっぺんに名が知れわたります。
名実ともにプロカメラマンになれるでしょう。

「戦場カメラマン」 として、売れた渡辺陽一さんがそうです。

また、皆さんよくご存知のプロカメラマン「竹内敏信」 さんもそうです。
http://item.rakuten.co.jp/book/10617783/


カメラマンも、人から撮影依頼されてこそ、プロです。

自称プロカメラマンもいますが、頼まれないで、
ただ自由に好きな写真を撮っているだけでは、
自己満足に過ぎないでしょう。

チャンスだと思ったら、即、行動してください。
あれこれ方法を考え、躊躇していると、チャンスは、
逃げてしまいます。

策や、方法は、あとでゆっくり考えて下さいね。




nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スポンサーリンク