So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






スポンサーリンク

女性カメラマンの心意気! [女性カメラマンの心意気!]

   女性カメラマンが増えている理由として、
           生きがいを求める意識や
              心意気の高まりが、考えられます。     


前にも、触れましたが、
最近、カメラマン志望の女性がホントに増えてきました。


のりか.jpg
(アフガンの子供を撮り続ける女優・藤原紀香さん)


ところで、先日、ある女性 「K」 さんから次のようなメールをいただきました。

下はその一部です。


「 ・・・・写真を撮るのが好きで、いろんな写真を見るのも好き。
見ていただけるだけでもうれしいですし、感想等のコメントも励みになります。
女性カメラマンを目指す一人です。  今後ともどうぞよろしくおねがいします・・・・」


とありました。    

先日、ネット上で見つけたブログの風景写真が気になって、
そのブログにコメントを入れさせてもらったところ、
思いがけず、ご本人から、返事のメールが届いたのです。

カメラマン志望というこの女性 「K」 さんは、ブログで、
語っております。

その言葉に女性カメラマンを目指す強い「心意気」 を感じさせられました。

許しを得ましたので、少し引用してみましょう。


 K さんは、写真学校を出たあと、ある女性カメラマンの元に、
少しの間、入門したことがあるそうです。


「 ・・・プロになる、女性カメラマンの数は、多くなってきたとはいえ、
数から言えば、男性よりも、はるかに少ないと思います。

カメラマンは、体力的にもかなり厳しく、時間も不規則なことが多い。

結婚して子供でも生まれたら、断念して、 家庭に入っていく弟子仲間も多いです。

正直なところ、女性カメラマンになれるだろうか?
自分も、適齢期をむかえて、かなり悩にました・・・・・」


とあります。


それでも、なお、彼女が、プロの女性カメラマンになるのを、
諦めなかったのは、何故なのだろう?  

みなさんは、どう思いますか?

彼女は、続けて言います。

「・・・自分の生き方に悔いを残したくなかった!」

「せいいっぱい、自分を燃焼して、生きてみたかった!」

彼女は、”女性カメラマンを目指す自分の心意気を”
キッパリと、ブログに書いておりました。


つい先ごろ、歌手の「島倉千代子」さんが亡くなりました。

その彼女の歌に 「人生いろいろ」 って歌がありましたね。

この歌、すいぶん流行ったみたいです。

人には、10人10色、100人100様の人生があります。

まさに 「人生いろいろ」 です。

「K」 さんは、カメラマンになると決め、今、
「悔いない人生を!」 と、 夢を追っているんですね。


同じ様に、地をはうような努力を重ね、スゴイ写真を撮って、
話題を呼んだ女性カメラマンがいます。

私は、写真集を見て、震えるような感動に教われました。

>>「螺旋海岸」<<
(志賀理江子)


東北大震災のおり、自分も被災者でありながら、
他の人と同じように、積もるガレキの整理や、負傷者の
介護の手伝いを、ボランティアでやっていたそうです。

そんな中、「被災地の状況を」 内側から目線で、地をはうようにして、
撮った写真を 「螺旋海岸」 という写真集にまとめたのだそうです。

個展もひらいたそうです。

それは、女性とは思えない鋭さ、奇怪さを感じさせる
なんともいえない、心をえぐられるような、「写真展」 であったと聞きました。

衝撃だった!」 という感想が多く、

新聞紙上でも、
その個展を見たある大学教師が、驚嘆 した一文を寄せていました。


私は、写真集だけで、個展の方は、見ていませんでしたので、
ホントニ残念なことをしてしまったなと思っています。


東北大震災の有様を写真で訴えた「志賀理江子」 さんという
一人のカメラマンに、私は、男性とは別の「女の心意気」 と
「執念」 のようなものを、感じずには、おれませんでした。

>>>「螺旋海岸」<<<




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カメラマン:花に魅せられプロを目指す大工さん! [カメラマン:花に魅せられプロを目指す大工さん!]


カメラマン木原和人が撮った花の魅力に驚嘆!
大工から、一転、カメラマン目指した N さん。
今では、プロとして、大活躍!



今回は、
花の美しさに魅せられて、大工職人から、ほとんど独学に近い勉強で プロカメラマンになった例を、挙げてみましょう。

現在、プロとして、雑誌などに盛んに作品を発表する 「N」さんが、そうです。
私も、「N」さんの講座に参加したことがありますが、

彼は、一方で、写真学校や、写真教室でも教え、カメラ雑誌でも、
アマチュアを指導するなど、いまや、大活躍のプロカメラマンなのです。


では、そんな「N」さんが、何故、大工志望をやめて、カメラマンを目指したのでしょう?
また、ど素人の「N」さんが、どんなふうにして、プロになったのでしょうか?


実は、「N」 さんのお父さんは、大工さんだったのです。
当然「N」さんも、親のあとをついで、職人の道に入るつもりだったようです。


ところが、とある日、一枚の花の写真を見て、あまりの美しさにビックリしてしまいます。

「 ワーッ! スゲー! 花でも、こんなきれいに、撮れるんだ!! 」

その花の美しさに、衝撃的な感動を受けたというのです。

091210_1214~02.jpg


特別な花ではありません。
何処にでも咲く、ありきたりの花 を 「接写技法」 で撮った写真だったのです。

それは、
カメラマン「木原和人」 の写真だったそうです。

「木原和人」というカメラマンは、40歳という若さで、ガンにかかって亡くなりましたが、

ネイチャー・フォトの草分け的存在で、多くのカメラマンや、
著名人に、多大な影響を 与えたと言われております。

実際、その花写真のすばらしは、目をみはるものがあったようです。

hana.jpg
http://books.rakuten.co.jp/rb/8689683/

写真にかけては、玄人はだしの、作家「夢枕縛」さんは、
木原和人さんと出会って自分の写真が変わった」とまで、言っております。

いいえ、それだけではありません。

その後、だんだん分かってきたのですが、
カメラマン 「木原和人」 と出会って初めて写真の目を開かれた
という人は予想以上に多く、その後カメラマン目指した人も、
少なくなかったようです。

木原和人さんというカメラマンの、影響力と、存在の偉大さを、
今さらのように、思い知らされた気がします。



さて、前述の 「N」 さんも、そのひとりだったのでしょう。

木原和人さん の写真に出会って以来、
「自分もこんな写真を撮りたい!」と、
大工職人の道から、進路を、カメラマンへ と大きく変更します。

 
そんなわけで、高校卒業後、写真専門学校に入ることにしたのです。
しかし、お金の問題もあって、中途で退学し、サラリーマンとなりました。
もちろん、ここまでくると、「大工」への未練など、みじんも残っておりません。

ただただ、カメラマンを目指して、ひた走るだけです。

でも、男気の強かった彼は、どうも仕事が長く続かなかったようで、 その後、溶接工から、トラック運転手、ガラス掃除 ・・・・・ 等々、
転々としながら、写真の勉強を続けていったのです。

一時、プロカメラマンの「丸林正則」氏に教えを乞うたりも、したといいます。


後に、彼は、雑誌のインタビューで、

「・・・好みは、一定でなく変わっていきます。  今まで、人生の中で、
失敗がたくさんあったからこそ、 ”特別な好みや、タイプはなく”
好きになったが、すべてです。
俺は、死ぬまで、そう生きるでしょう・・・・」  と答えています。


この「N」 さんという人は、実を言いますと、いまや、
おしもおされもしない、中堅カメラマンとして、
縦横の活躍をしている 

「並木隆」さん のことなんです。

ご存知の方も多いと思いますが、
どうぞ、いい ヒント をつかんでいただきたいと思います。

http://books.rakuten.co.jp/rb/8689683/





nice!(0)  コメント(0) 

カメラは何でもいい??



写真グループの P君(初心者) が、
「カメラの機材はどんなのが良いか」
と聞いてきました。

「最初は、持っているカメラでいいよ」

「持っていなければ、押せば写る スマホ でいいよ。」

「なんなら、コンビにで売ってる千円の ”使い捨てカメラ” でも、
いいよ。」

私は、そう答えました。

「ええっ??」

P君は、不服そうでした。


しかし、こんなカメラで、コンテストに入賞した人だっているんです。

見てくれは、良くないでしょうが、
カメラ自体は、決して悪いものではありません。

前にも言いましたが、こういうカメラには、いいレンズがしこんであって、
近距離から遠距離まで、 キッチリ、ピントが、合います。

シャッターボタンを押すだけで、撮れちゃうんです。 だから、子供でも、おばあちゃんでもいい写真撮れるんですよ。


しかし、P君は、それでも不満そうでしたので、こんな例を話してあげました。


シャッターをを押さずに押さずに撮った写真(楽天)




ご存知の方もあるかもしれませんが、10年余り前、短大の女学生が、
ちょっとした若者カメラマンの登竜門である賞を受賞したことがありました。

キャノン主催の「写真新世紀ー特別賞」という若者対象の賞です。

美術関係の大学へ行っていた彼女は、卒業が近づいても、
なかなか言い作品が、できずに、悩みぬいていたんです。

その頃を振り返って、彼女は言っております。

「いい写真が、まったく撮れず、写真も、大学もやめようかと、
なやみました・・・・・」 と。

そうこうしている内に、撮った写真が、「ID400」 といった作品でした。

この写真は、自分のポートレートを撮ったものです。

カメラは、証明写真を撮るあの自動でパッと光る、
自動コインカメラで撮った物なんです。

一人で、髪型を変えたり、化粧を変えたり、様々に変装して、
あのカメラの前にただすわって撮ったものです。

po-toreito.jpg
(これは、一部です。 ケータイで撮り写したもので、
鮮明でないですが、ガマンして下さいね)


シャッターも押しません。
自動ですからね。

それでもチャンと写るんです。

400人分も撮って、タイトルを 「ID400」 としました。

シャッターをを押さずに押さずに撮った写真(楽天)

それが、先にも言った賞を撮ったわけです。

しかも、彼女は、それから、ハズミがついて、
大きな賞を取り、プロのカメラマンへと、成長していきます。

今、たしか、32歳ぐらいになるとおもいますよ。







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

月例コンテストは絶好の写真学校! [月例コンテストは絶好の写真学校!]

下の①と②の写真の感想は、どうですか?
091119_1600~01.jpg


091119_1602~01.jpg
(月例コンテスト上位入賞作)


 の写真は、社交ダンスに興じる高齢男女の二人ですね。

地方における、「幸福」 というテーマの公募に入賞した作品です。

この写真は、何といっても、二人の笑い顔。     実に、楽しそうです。

見ているほうまで、つられて、自然に笑えてきそうですね。

この一瞬をとらえた シャッターチャンス の勝利です。


 の写真は、どうですか?

このポイントは、見る人を一瞬、 ”ハッ?” とさせる 

「意外性」 と 「非日常性」  にあると言って良いでしょう。

普段では、まず、あり得ない状況です。

おそらく、作者の頭の中にある イメージを 写真化したものでしょう。

非常に、創造性の高い、クリエイトィブな写真です。
つまり、作者が、頭にある イメージ をもとに、

意図的に、演出した写真です。

これは、ある雑誌の月例コンテストでの上位作品です。

この作者は、この月だけではなく、次の月も、その次も、

さらに次も、・・・・・と言う具合に、女性をモチーフとし、

連続 上位を占めて、読者を驚かせたのです。

読者だけではありません。 この雑誌の月例コンテスト の選者も、

「 おっ、ツワモノが、現れたぞ !」 って感じだったんです。

とにかく、これまでの、アマチュアが、応募してきた写真とは、

明らかに、一線を画するものでしたね。

こういう人は、コマーシャル部門などで、活躍できる人かもしれませんね。

コレは一つの才能です。


しばらくしてから、分かったことなんですが、実をいいますと、

この作者は、現役の 「画家」 だったんです。

「なるほど、・・・道理でね・・・」 

とそれなりに、納得させられました。

長年見ていると、月例コンテストでは、こういうことが珍しくありません。


さて、① ② の写真について、ごく簡単に、触れてみましたが、

みなさんの感想はいかがだったでしょうか?

①については、ともかく、 ② については、

「分からない」 と言う人も中には、あるかも知れません。


あなたが、もし今、仕事のかたわら、写真の勉強をしておられるなら、
無理して、写真学校に行かれることは、ありません。

前述のような、写真雑誌の月例コンテストを大いに、活用してください。

それだけで、あなたの写真技術も写真に対する感性も、伸びることうけ合いです。

この月例コンテストを通じて、プロになった多くのカメラマンが、
それを、証明してくれています。









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

極道の妻たち=カメラマンダマシイ! [極道の妻たち=カメラマンダマシイ!]



極道の妻たち・ 取材魂は、・・・・・・・
                 カメラマンの撮影ダマシイに通じる者があります!




大分前にドラマ化された話題作です。 
ショッキングなタイトルですね。

主演を演じるのは、は、刑事者などで、最近、売れに売れてる「高島礼子」さんです。

映画にもなっていますので、見てなくとも、
「タイトル」 ぐらいは、
知っている人が多いんじゃないでしょうか。

原作となったのは、やはり同じ「 極道の妻たち」
というタイトルの「本」 なんです。

>>極道の妻たち

これを書いたのが、実は、ここで、
取りあげたい 注目の 「家田壮子(いえだしょうこ)」さん 
というノンフィクション作家なのです。

このドラマは文字どうり、
ゴクドウの世界を描いたたものです。 

中でも、ゴクドウの妻である女性に、焦点を当てて書かれたものです。

ゴクドウの世界は、命を張った世界です。  

「家田壮子」さんも、同じく、命がけの取材を敢行しています。

ゴクドウの世界に実際に入り込み、時には、泊り込み、
2年の取材をかけて、作り上げたのが、この「本」なのです。

出版されて20年ぐらいにになるはずですが、 出た当初は、

モノスゴク話題になりました。

当時28歳だった 「家田壮子」さん が、
一つまちがえば、命をも落としかねない世界で、 取材を続けたわけです。  

実のところ、私には、ドラマの内容以上に、
こちらの方が、ショッキングでしたね。

家田壮子さんは、「覚せい剤」の取材や、
後に、「エイズ」の取材も手がけるなど、

いわば、
危険な社会問題に好んでメスをいれようとする作家なんです。

ちょっと、昨年末、亡くなった作家の
「山崎豊子」 に似ていますね。
それはともかくとして、「家田壮子」 さんは、 一つの目的が決まれば、
そこへ、 情熱と魂のすべてを打ち込んでいます。 

実を言いますと、そんな生きる姿勢こそ、
自分の命を、生ききったといえる、 充実感のもてる人生ではないかなと、
私は、思うのですが どうですか?

あなたは、どう思われますか?

カメラマンのハシクレでもあった私は、 家田壮子さんの、
そんな生き方に、大いなる魅力を感じてしまいます。

今、カメラマン目指して、がんばっている方も どうか、 カメラを通して、自身の 生きがいと、 充実感を、つかんで下さい。

多くのカメラマンたちが、どのような過程をへて、
プロになっていったか、そんな人達のカメラダマシイ(魂) の一端も、

このブログで,随時、ご紹介していくつもりですので、 どうぞ、参考にされて下さいね。










nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

風景写真・プロになるための決意! [風景写真家になるには]


風景写真のプロになるにはどうしたらなれるでしょう?
中学生のS君からメールで相談してきました。        
やる気と情熱があれば、必ずなれますと答えました。



風景写真家になるにはどうしたらなれるか?







「 風景カメラマンになるにはどうしたらなれますか? 」


昨日、九州の中学生 「S」 君からメールが届きました。


少し前まで書いていたもう一つのブログを見て
メールを下さったようです。

こちらのブログには、コメント欄もありますので、
どうぞ、お気軽に使って下さいね。


さて、「S」 君の
「風景写真家 になるにはどうしたらなれますか?」
という質問を考えてみたいと、思います。

まず、私の体験と考えから言いますと、

「風景写真は、他の写真分野に比較して、プロへの道は非常に難しい」

と言えます。

しかし、心配は無用です。

あなたさえその気になれば、必ず風景カメラマンになれでしょう。


その理由について説明をしていきたいと思います。


まず、写真を

①「芸術分野」  
②「他の分野」

の2分野にわけてみますと、

「風景写真」は、① の「芸術分野」 に近いと言えます。


この分け方は、究めて、おおざっぱなわけ方で、異論もありましょうが、
ここでは、説明の便宜上、ご理解下さい。



では、「風景写真」 が 「芸術分野」 とすれば、
何故、難しいのでしょうか?

それは、必ずしも努力だけで達成できるものではないからです。
ここが、非常に、大事なところです。

それに引き換え、② の 「他の分野」 は努力のみで、
充分プロの域にたっすることができます。

これまで、多くのカメラマンを見てきた経験から、
自信を持って、そう言えます。


私が、最初、「報道カメラマン」 を目指したのは、
実は、ここに理由がありました。


では、風景写真家の場合はどうでしょうか?


S 君 に、生まれつき、芸術的天性が、
備わっていると思われる場合は、それを磨いて下さい。

芸術的天性」 などと、ちょっと、かたい言い方をしましたが、
簡単に言えば、「感動する心」 なんです。
もっと、くだいて言えば、

物事に、ハッと驚いたり、悲しんだり、喜んだりする心」 です。


1年ぐらい前の事でした。
NHKラジオで、こんな放送を聞きました。
元 女子大学の学長さんだった 「K子」さん の話です。

「 学生時代、修学旅行で、寺院見学をしたおりのこと。
ある金色の仏像の前に立った時、
私は、 ”感動” で胸が一杯になり、涙が、溢れて止まりませんでした

もう、これで、死んでもいいとさえ思ったくらいです。
何故そう思ったのか、自分でも分からないのです。 」

K子さんは、何時頃からか、歌を作り始め、そういう本も出しているお人なのです。


良い例 では、ないかも知れませんが、K子 さんには、おそらく、
芸術的素質、あるいは、感性が、備わっていたのではないかと、
私は思うのです。


もしかすると、「仏像」 に触れて、
K子さんの 感性 が導きだされたとも、いえるかも知れません。


いずれにしろ、生まれつき「芸術的感性」を内にひめている
と思われる人の場合、その素質を磨いていけばいいと思います。



しかし、そういう「素質」があるかどうかを知るのは
とても、難しいといわねばなりません。


「S」君の場合、どうでしょうか?


ごく普通の中学生の場合!




大変失礼なことですが、S君が、ごく普通の中学生と、
仮定して、そのうえで、「風景写真家」希望の場合
について説明したいと思います。



下の写真2点をご覧下さい。

(いずれも、ケータイで撮り直して掲載していますので、
原画そのままが、出ていないことをご了解ください)



上の写真は、小さい頃からとても感性豊かで、現在は、世界的詩人であり、
小説家としても、活躍している人「Ⅾ」さんの写真です。  

しかし、写真に関しては技術的なものは、
ほとんど、持ち合わせていないお方が撮ったものです。


(フオト雑誌から引用させていただきました)
素人の風景.jpg
(いわば素人が撮った風景写真です)


下の写真は、社歴20年、技術的には、ベテランの域に達した方のもの。
写真は、カメラ雑誌の月例コンテスト上級の部で入選したものです。

(フオトコン誌から引用させていただきました)
日本画的風景.jpg
(月例コンテスト上級の部で入選した風景写真です)



注)

① 
上の写真を撮った方は、外国のある有名な写真団体の会員に推挙されています。
一国だけでなく、数か国において、国際的水準の栄誉を受けております。
その芸術的才能を高く評価されているお人です。

技術的訓練など、あまり、経験なく、感動した風景に無造作にカメラを向けて、
オートで撮影を行っています。



② 
下の風景写真は、選者に絶賛された、風景写真で、日本画的、
風情をも感じさせられる秀作です。  

プロとしても、充分肩を並べる作品といって良いでしょう。
この方は、ひたすら、コンテストで腕を磨き、感性をも身につけたお人です



さて、上の2枚の写真と撮影者の経歴をご覧になって、
どう感じられましたか?


私が、ここで言わんとしていることが、もう解っていただけた
かも知れません。


そうなんです。

風景写真は「芸術」ではあるのですが、作者との間に
カメラという機材が介在しております。


写真の場合、この 「カメラ」 技術をみがくと同時に、
風景写真に対する感性を育てれば、必ずや、
S 君も 「風景カメラマン」 になることは
「可能」 だと私は思っています。



他の箇所でも、書いたことですが、趣味として写真を
始めた人が、雑誌のコンテストに応募を続けることによって、
素人から、プロの「風景カメラマン」になった人は、非常に
多いです。


その人たちの軌跡をしらべたことがあるのですが、
素人から、プロ、あるいは、プロ級のうでな達するまで
どの位かかるかというと、

大体「10年」はかかるようです。


人気カメラマンの 「米美知子」 さんも
ずぶの素人から、プロの風景カメラマンとして独立するまで、
私の調べたところでは、 「7~8年」 かかっております。

多少の誤差はあると思いますが、その点ご了解くださいね。


どうか「S」君も希望を持って、ガンバって下さいね!


大丈夫ですよ。  応援してます!



    ■ <  関連 記事 >

・風景写真・プロ中のプロが撮ればこうなります

これが、人をうならせたプロの写真です!



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

世界のニコンと呼ばれた理由はこういうこと?


私は、カメラそのものには、あまりこだわる方ではないのですが、
最近、ニコン  D5200ダブルズームキットを買ったせいか、
写真仲間の間で、よくニコンが話題になります。

ニコンが、 ”世界のニコン”として、「ライカ」 に対抗できる、
カメラとしてよばれるようになったのは、どうも「レンズ」 にあったようですね。

レンズ評論やエッセイを書いていた 「サンダー平山」 さんによると、

そのレンズというのは 「ニッコール85ミリF2」 なんだそうです。



「サンダー平山」さんは、次のように言ってます。

「ある有名な写真家が、朝鮮戦争を撮りにきた 一人のカメラマンの、
ポートレートを、このレンズ(ニッコール85ミリF2)で撮り、
その出来上がりを見せたところ、
ニコン の レンズの「シャープ」さに、吃驚したという。

それが、ニコンの名が、世界に知れ渡ったそもそもの理由だったところだ」 と。

私は、ちょっとアッケにとられそうでしたが、世の中って、案外、
そんなものなんでしょうかね。

「サンダー平山」 さんは、レンズに関する評などを、専門誌などに、
書いていたそうなんですが、若くして亡くなったようです。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スポンサーリンク