So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          

写真撮影:初心者&中級者・物語を想起させるのも一手! [物語]





この一枚であなたは何を考える?




今日は「個性」の最終に入る前にこの写真を

ご覧ください。



nobuzou①.jpg



この写真は、読者の「N」さんが撮ったものです。


久しぶりに「N」さんのブログに寄せていただいた

ところ、目に飛び込んできたのが、この写真でした。


皆さんは、この写真に何を感じられますか?



それぞれの人に、いろいろな思いや、考えが浮かんで

きたのではありませんか?


僕にとっては、非常に想像をかきたてられる写真です。


一つの 「個性」 が表れた写真として、

引用させていただきました。



写真コンテストなどで、

「ストーリーを感じる」

などという「評」に出会った人もおられると

思いますが、この写真などまさにそんな写真といえるでしょう。



この写真、ご覧にになってどうですか?


何か「ミステリー」を感じませんか?



・カベのペイント模様。
・そこへ映る怪しげな人影。
・シルエットの格好。
・上部、右側の薄黒い、カゲ。



全体から、今、何かが起こりそうな気配を

感じませんか?




実は、この人影は、ご本人だそうです。


持っているカメラを影で隠したそうです。

おそらく、隠そうとした時、格好が偶然にも、

ピストルを内ポケットから出そうとする瞬間のように

想像させる姿になっています。


これは、完全に、撮影者の「演出」だろうと思います。

ちがうでしょうか?


この辺は、ご本人に聞いてみたいところですね。

僕としては、このように写ることを意図して、

わざとこんな格好をしたという風に思いたいですね。


なぜなら、そこには、作者の「創意工夫」を感じるからです。




それは、それとして、ここには、こういう雰囲気を表現してみたい

という「N」さんの思いをくみ取ってほしいと思います。


仮に、こういう図柄を好んで撮ったとすれば、


それこそ、「N」 さんの

「個性」 

表れたものといえるでしょう。



場所は、公園の一角だということですが、

公園をぶらついていれば、写真を撮る対象は、

他にも、けっこうあると思います。



その中でこの写真のような雰囲気を醸し出す

場所を選んだというのは、もはや、選ぶ時点で、

「N」 さんの内なる何かが始動していたはずです。


ご自身は、それに気がついているかどうかは、別として、

「N」 さんの内奥には、そのような心の動きが

あったと言えます。


もし、これまでの自分の撮影を振り返ってみて、


「自分には、どうも、こんなところを好む傾向が

あるような気がするなあ~」


と感じられるとすれば、それを、自分の「個性」

ととらえることができるでしょう。


とすれば、その部分を追求するなり深めていくのが、

「個性を発揮する早道」

であるといえるでしょう。



個性は、内から噴出するもの?



読者の「N」さんの写真を拝借させていただいて、

いろいろ書かせていただきましたが、

これは、僕自身の想像の域をでません。


真実は、「N」 さんの胸のうちにあります。


全くの初心者の方には、「分からない」 と

首をかしげる人もあるかも知れませんが、やがて、

「なるほど」と分かっていただけるときが、必ず

やってきます。



写歴が進んでいる方の中には、自分の撮りたいものを

すでに、追求している人もあろうかと思います。



そうです。

すでに、自分の「個性を発揮する」段階を

進みつつある人です。



写真は、究極、「自己表現」 です。

「自分の個性」 をいかに表現するかです。

いまさら、僕が言うまでもありません。


「人真似」は、あくまで、「ヒトマネ」 なのです。



それでは、「個性」 について、次回で、

その最終を「総括」してみたいと思います。



ほんとは、今日そのつもりでしたが、

冒頭の

「N」 さんの写真の「物語性」に触発されて、

どうしても、ご紹介したかったのです。




それでは、今日はこの辺で・・・・。







nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 1

Nobuzo

取り上げて頂いてありがというございます。

見たままをさっと撮ると何か物足りなく、もう一工夫ないのかと
自問しました。
壁の絵だけより人の影がある方が面白いかと自分の影に意識を向
けました。
謎の人物風に撮ろうと。
カメラは縦に構えて、最初はシャッターボタンを上にしましたが、
そうすると影の右腕が如何にも写真を撮ってますと云う風に見え
るので、シャッターボタンを下にして右腕とカメラを見えなくし
ました。
左腕はだらんと下げていたのを変えて、丸くして体との間に隙間
を作りました。
そんな訳で少し考えながら撮りました。
by Nobuzo (2018-01-26 10:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


< トップへ戻る >