So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          

芥川賞受賞者語る書くのは業だと!これも個性の表れか? [業]







芥川賞受賞者語る「書くのは業」



前回、ミュージシャン「ヨシキ」さんについて書きました。


実は、ヨシキさんの番組(録画)を見たその晩、

多分10時前後だったと思います。



芥川賞と直木賞の受賞者が発表されました。


直木賞の受賞者からは、

飛び上がらんばかりの喜びが伝わってきました。



芥川賞受賞者は二人で、

その一人は60代後半の方。


「人生の最終章でこんな栄えある賞をいただくとは・・・」

やや、なみだぐんでおられたようです。



ボクが、注目させられたのは、もう一人の受賞者です。



50代の女性ですが、受賞を終えて、



「書くのは、ゴウのようなもの・・・」



とおっしゃっているのが、風邪で早めに寝床に

就いていた僕の耳朶を打ちました。




受賞者であるこの女性は、気負うでもなく、

淡々とした口調で、述べていました。



「何で業なん??・・・」


僕は、それが気になっていました。



「業=ごう」 というのは、日常よく使われますが、

意味は意外と「曖昧なこと」が多く、


「そういう定めなんだ」 とか

「前世からそうなってたんだ」 とか

言う風な意味で使われたりすることが多いような気がします。




つまり、

「自分の人生は、いつからかこういう

流れに乗って進んでいるんだ」


と思い込んでいるような節があり

そこには、意志の力より、何か目に見えない

大きな力に動かされているというような、

背後にある何かを感じている印象があります。



芥川賞を受賞した、この女性が、

「業のような気がする」

といったのも、そんな何かを自分のウチに感じていたのでは

ないか?  


僕はそんな風に感じていました。


石井さんというこの女性は、受賞の際「司会者」との

話しのやり取りで、過去100作という大変な作品を

書いてきていることを知りました。


「必ず作家になる」 と思い続けていたことも

分かりました。


これで、僕の疑問も解けたような気がしました。


ご本人は、「もはや、いずれ作家になれる」 と

思い込んでいる。 

いや、そうなれる「資質」も持ち合わせている。

と見えない大きな力と確信めいたものがある。



だから、受賞の時も、決して焦り感もなく

淡々とインタビューに応じられた。

「書くことは業のようなもの・・・」

というコトバが出たのも、彼女にとっては、

自然だったのでしょう。



これは、いつからか、彼女の 中(うち)に育った

「個性」 と言っていいのではないかと

僕は思うのです。



さて、ここで振り返ってみて下さい。


「滝沢秀明=タレント」  さんのマグマ。
「ヨシキ=ミュージシャン」さんの野生。
「石井」さんの「書くことの業(ごう)。


どういうわけだか分かりませんが、これらの出来事が

1日に3つ連続で、テレビで知ることが出来ました。



「個性」 について、書こうとしている

僕の前にとても好都合な事柄が表れて

くれたというわけなのです。



それでは、写真を撮る上での「個性」について、

次回でまとめてみたいと思いますので、


どうぞ、この次をお楽しみにお待ちください。




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

スポンサーリンク


< トップへ戻る >