So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






          

ヨシキは野生が個性だと語る!破壊的演奏に歓喜する聴衆! [ヨシキ]






こんにちは。

インフルエンザ、流行っていますね。

僕も生まれて初めて、

インフルエンザにやられました。(苦笑)



さて、それでは、前回の続きに入りたいと

思います。

体調が、戻りきっていないので、途中で

切れたら、ごカンベン下さい。



ヨシキの野性的音楽



前回人気タレントの「滝沢秀明」さん

について取り上げましたが、

その日の晩に、ミュージシャンの「ヨシキ」さんが

別番組に出演していました。


yosiki①.jpg
(ヨシキ=52)



特に見ようと思っていたわけではないのですが、

たまたまやっていたというわけです。



僕は、名前ぐらいしか知らない人でした。

最初、見るともなく見ていると、

「親の自殺」だの「仲間の死」だの「解散」

などという「ハッ」とするようなことが、

連発して出てくるではありませんか。



デラックスマツコと対談している「ヨシキ」さんの

もの静かな語り口や優しい表情をみていると、

とても、そんな話が語られる感じではありません。


おっかけをしている女性も同席していろいろ

「ヨシキ」さんについて、話していたので、

どうやら、ただの「ミュージシャン」では

なさそうだな・・・・と、興味をそそられました。


あとでしりましたが、なんでも、

いまや、あの「小室哲哉」の向こうを張る

当代随一の人気をほこるミュージシャンだと

いうことらしいことが分かってきました。


あまり、音楽番組に興味のない僕は、

ホントに「ヨシキ」という人をこの時

初めて知ったのでした(笑)



「ヨシキ」さんは、何が何でもミュージシャンに

なろうとして、なった人ではないことも知りました。

そこには、父親の非業の死(自殺)がかなり

影響しているようでした。


相当「型破り」なミュージシャンでもあるようです。


一心不乱に打つドラマ演奏は印象的でしたが、

ライブにおいて、目の前に並ぶ多くのドラムの上を

泳ぐような恰好でバシャバシャっと、

倒れこんでしまうのです。


ロックミュージシャンには、あっても

珍しくない「シーン」でしょうが、実際に見るのは

初めてでした。

観衆もこのハプニングに 「ワッ」 と盛り上がったようでした。



7~8個のドラムのほとんどが壊れてしまったそうです。


そういう自分をヨシキさんご自身は、

次のように表現していました。


「小室哲哉さんを優秀なミュージシャンとすれば、

ボクは、野生のミュージシャンです」  と。



聴いていて、「図星」 だと思いましたね。


ちなみに、番組の最後に彼がピアノを

弾いたのですが、これは、素晴らしかったです!


つい聞きほれました。


追っ掛けの女性は、聞きながら涙を流し、

「もう、これで死んでもいい・・・・」

と感動を漏らしていました。



ところで、長い引用になりましたが、

彼がいう野生のミュージシャンと呼ぶ

音楽の「資質」は彼の持つ「個性」だといえましょう。


音楽を愛した両親の「DNA」を受け継いでいるようです。




さてここでもう一つ面白い例がありますので引き続き

次回でおつたえしますね。



りあえず、今日はこれで終わります・・・・。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


< トップへ戻る >