So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          

写真コンテスト:初心者の僕が初めて入選したのはこのおかげです! [写真コンテスト]




ナカナカ入選できなかった写真コンテストの大きな壁を
初心者のGさんが、一年でやっと破ることができました。
それは一本のレンズを徹底してこだわったからでした。



スポンサーリンク









遂に入選!初心者の作品



名古屋のGさんから「入選した」というメールをいただきました。

この方は、昨年、希望者の方に「アサヒカメラ1位入賞者3人の体験」

のコピーを送らせていただいた23人の中のお一人でした。


「どうしておられるかなー?」 と


時々、思い出しては、気にしておりました。


そんな「G」さんから昨日メールが届いたのです。

写真(キャビネ版)も送って下さったので早速、ここで、

ご紹介したいと、思います。


(写真は、私が、ケータイで撮り直したものです。
カゲができたりして少し見づらい感じですが、原版は、
とても鮮明に出ておりますので、イメージしてご覧くださいね)



入選作

dokusya①.jpg
(広角28ミリ)


「 広場で遊ぶ若者たちをアクセントに取り入れた写真です。
  Gさんは、桜を 「主役」 に選んだそうです。
  手前 と 向こう側の桜の美しさが圧倒的だったとありました。
  
  これは、最初、私が受けたメールのあとに、
  続いて届いたメールで連絡してくださいましたので
  修正しました。
   

 なので、主役は美しく捉えた手前の桜と向こう側に咲き乱れる桜の群。
  
 脇役は、中の人物と右下の枝のシルエット。

  私個人的には、このシルエットをもう少し増やすことで
  写真にメリハリがついて、見栄えがスッキリしたのでは
  ないかと思います。

 シャッターチャンスが良かったと思います(人物の動き)」


以上の
①②③ が良い点だろうと思います。



もう一つ言いますと、手前から、遠く向こうの桜まで、
パンフォーカス(手前から遠く向こう側までピンとが合っていること)
になっていることです。

この写真ではハッキリしませんが、原画では、鮮明に写っております。
ここで、それを再現できていなくて申し訳ありません。



入選作

dokusya②.jpg
(広角28ミリ)

「 この写真も、広角28ミリの特徴がしっかり活かされています。
  (手前から遠方まで捉えた = 遠近感)。 
 
 特に手前の赤は鮮烈に表現されたと思います。

 広角を使うと、手前に位置する被写体が非常に
 強調されて、力強く写ります。
 
 初心の方は、このことをしっかり身に付けて下さい。



この写真は、虹 が入っている瞬間をとらえているため、
写真を見栄えあるものにしてくれましたね。

やはり、シャッターチャンスをウマく活かしたと言えます。」



2枚とも、地域の写真展で初めて入選した写真だそうです。


Gさんは、ニコンの一眼レフをもっており、これまで

ズームを使っていたといいます。


「コレはと、目についたもの」 を何でも撮って来たそうです。

「ダメ元」 で、いろいろな写真展にも応募したそうですが、

ナカナカ入選できず、候補作になるのがやっとだったと

書いておられます。


「アサヒカメラ年度賞1位受賞者」 


の体験記を読まれたのはその頃だったのです。



勝因は一つのレンズに絞ったこと



アサヒカメラ1位入賞者3人の一人は、中望遠レンズ(135ミリ)

一本のみで、撮るようになってから、次々と入選を果たして、

遂に「年度賞1位」に輝いたひとだったのですが、Gさんは、


この人の 「一本を使いこなす」 方法をマネしたそうです。


ズームは便利だけれども、自分には却ってそれがワザワイのもとだった

と言います。


以前に、私が、初めていただいたGさんからメールには、


「一本のレンズで集中して撮りたいのですが・・・・」 と


ありました。



私は、迷わず 「広角レンズ」 をおススメしました。

20~35ミリ。  中でも28ミリをおススメしました。


私自身も、初心者のころは、「28ミリレンズ」 のみで、

過ごした経験があり、多くの「入選」を体験していたからです。



そして、カメラ雑誌の入選作には、「28ミリ」を

含む広角レンズの作品がとても多いからです。


では「広角レンズ」をどのように使用したら、

いい写真が撮れるのか?


これについては、次回でお伝えします


スポンサーリンク










nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

スポンサーリンク


< トップへ戻る >