So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          

ノーベル賞受賞のカズオ・イシグロ作品は皆ウソと語る!では何故書く? [カズオ・イシグロ]




ノーベル賞の文学部門で受賞を果たした「カズオ・イシグロ」さんが
日曜のテレビで講演。小説(作品)は、みなウソを書いていると語り
ました。 しかし、そのウソの中に真実が隠されていると言います。


小説は皆ウソを書いているが・・・・。



こんにちは、


今日は、今まで書きたいなと思っていたことを

書いていきたいと思います。

それは、小説と写真との関係性についてです。


実はこの間の日曜、テレビをつけると、たまたま

ノーベル文文学賞を受賞した「カズオイシグロ」さんが

NHKに出ておりました。


isiguro①.jpg



2~30人の観衆の前で話をしておられたのです。

観衆は、見たところ、どうもみな学生さんのようでした。

ごく普通の喫茶店ぐらいの広さで、小さなステージの

丸椅子に一人腰かけて、目の前の観衆に話しかける

気楽な感じで話をしておられるようでした。

最初、講演かなと思いましたが、そうではなく

もっとラフな話し合いといったほうが当たっているでしょう。


イシグロさんの話が一段落したところで、

視聴者の一人が質問をしました。


集まっている場所は、ロンドンで、聞いている人は

ほとんど地元の若者だったようです。


ただ、質問しようと、席を立ったのは、日本人の

女性でした。

たぶん、留学生だったのでしょうね。

小柄な細面の女性でした。


彼女は、次のような質問をしました。


「・・・小説は作者によって作られたもの。

つまり、ウソを書いていると思うのですが、

それについて、どう思われますか?」



カズオ・イシグロさんの答え。


「 その通りです。  私の作品も皆ウソです。

でも新聞は、事実を書いています。

新聞は、事実を報道することに価値があります。


小説の場合、書かれていることはウソですが、

その中に、”真実” が包含されています。

それが、小説の存在価値です。



イシグロさんは、こういう意味のことを

おっしゃったのです。


写真もイシグロさんのおっしゃっていることと、

同じだと考えています。


れでは、次回で、小説と写真の関係について、

ふれてみたいと思います。


今回はこの辺で・・・・・・・。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

スポンサーリンク


< トップへ戻る >