So-net無料ブログ作成
検索選択



風景画像①.jpg






写真家:80歳の初心者が撮るコツを速くえ得する方法を教えて! [80歳の初心者]

前回「最速独学戦略」を中止とお伝えしました。それに対して、
「バカヤロー」と先輩から一喝されたあと、写真の撮り方を速く
覚えたいと80歳の初心者の方からメールを頂きました!


時代の流れは予想以上に速い!




こんにちは。10日ぶりの投稿です。


「最速独学戦略」 の中止について、あれこれ考えてみました。


その間、

「99%の会社はいらない!」

という本を読みました。   三度目です。


著者は、もうお馴染みの、ホリエモン(堀江貴文)さんです。

3年前、会社ライブドアに関する不祥事で、有罪になった人です。


horiemonn①.jpg
「ホリエモン(堀江貴文)さん」



2年足らずの服役したあと、出所。

現在、テレビ、ラジオ、著作、インターネットと

各方面で、八面六臂の活躍ぶりです。



ホリエモンさんは、100冊近い本を出していると聞きましたが、

私は、そのうち5~6冊しか読んだことがありません。

服役以前は、

「ほとんどの問題(100%近く)はお金で解決できる」

という意味のことを書いておられたのを知って、

読むのを止めました。


非常に効率を重んじる人でした。


ところが、驚きました!


前述の本

「99%の会社はいらない!」 には、

「”ギブ&ギブ ” の精神が大事だ!」

という記述がありました。


服役中に相当「本」を読んだそうですが、そういうこともあって、

何か大きな「心境の変化」があったのかもしれません。



話が、本題とは、離れたかのように思われたかもしれませんが、

決してそうでは、ありません。


今、時代の変化が非常に速いと、多くの人が、

語っています。

普通一般の人にもそう感じる人は少なくないと思います。


ロボット、インターネット、企業、フアッション、

政界、スポーツ、・・・等々、どの世界を見ても

スピードの速さを感じます。

写真の世界も、変わりつつあります。


詳細を省きますが、「篠山紀信」「森山大道」といった、

話題の写真家が、やはり、「時代の変遷の速さ」 について、

書いているのを、目にしたことがあります。



先の「ホリエモンさん」は「時代のスピード化」について

次のような面白い例を書いていました。

「寿司屋」

についてです。

「飯炊き3年ニギリ8年は時代遅れ!」

と言ったあと

「いまどき、イケテル寿司屋はそんな悠長(ゆうちょう)な

修業はしない。 寿司アカデミーで学んだら,あとは、センスが大事。」


調理学校で3か月の集中特訓をうけた生徒と卒業生が一緒に提供している

「鮨(すし)千陽(ちはる)」 が開店11か月で、

「ミシュランの星」を獲得したと言います。



「ミシュランの星」というのは、フランスからきたもので、

レストランの格を星の数で表したものだそうです。



また、あるテレビ番組でのこと。

寿司アカデミーで「1年」ほど学んで、独立した人の

「寿司屋」へ、ホリエモンさん自身が、実際に食べにいったそうです。


「普通に美味しいし、接客もできている。

中の上くらいにランクできるような店だった」


そうです。


寿司屋になろうとすれば、長い修業期間が必要と

あなたは、思っていませんか?


私は、この話を知るまで、そう思っていました。


それが、1年 ですよ!


「飯炊き3年ニギリ8年」。


これは、もう昔の話なんですね。


昨夜、あるテレビ番組で、

あの辛口の

「田原総一郎さんと ピコ太郎」 対談を見ました。

内容は、いろいろでしたが、やはり、

「時代の流れの速さ」 を、ここでも感じさせられました。



そして、メールを下さった初心者の方が、

なんと80歳の高齢の方だったのです。

「今から、写真をを始めたい」 と。


妙なことを言いますが、ボクは、「シンクロ(引き寄せ)」

を感じました。


このシンクロ現象は、前にも言いましたが、最近私のなかでは、

よく起こることなんですけどね。



80の初心者の方が撮り方やコツを速く覚えたい

という望みに、私なりに、精一杯応えたいと思います。



では、今日はこの辺で・・・・・・・。








nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

スポンサーリンク