So-net無料ブログ作成
検索選択



風景画像①.jpg






良い写真とは~と定義することなど出来ないと言う人もいますが! [良い写真とは]

スポンサーリンク






良い写真とは何かについて、そんな定義はできない
という人がいますので、ここで言う「良い写真」に
ついて、一応、説明しておきたいと思います。



フジコン大賞富士.jpg
(フジコン大賞に輝いた写真)



良い写真とは何かの定義について



良い写真と、それを見分ける方法について、

前回と、前々回に記事を投稿 しました。

するとネット上で、ふと、次のような文章に出合いました。


「良い写真なんて決めることはできない!

定義することは、無意味だ」


まあ、簡潔に言えば、大体こんな内容の文章です。

私は、 多分こういう人もいるだろうなあと

想像はしていました。


写真を芸術と見た場合、

それを、「良い、悪い」という価値基準で、

簡単に決めることはできないと思うからです。


芸術などといった高尚な論議は、

正直、私などには、ちょっと荷が重いです。


では、私が、これまで


「良い写真を見分けることは、不可欠」 と


お伝えしてきた「良い写真」について、

誤解のないように説明をしておきたいと思います。


前々回も少し触れていますが、

ここで言う「良い写真」というのは、


普通一般に、プロカメラマンが、見て


「いいなあ!」


と感じる写真を指して、言っています。


要するに、

ズバリ、

「 各種カメラ雑誌月例コンテストで入選する写真

とか、

巷で行われるごく一般的な写真コンテストの入選写真 」

だと思って頂けたらいいと思います。



例えば

上の写真① や、

次の写真 ② ③ ④などです。



外人子供.jpg
(アサヒカメラ誌1位入賞=Sさん)

この写真は、スランプに陥ってなかなか思うような写真が
撮れなくなったSさんが、考えた末に、撮るレンズを「135ミリ」
1本だけに絞り、
被写体を、自宅に近い神戸港で下船する「観光客」だけに絞って
休日ごとに通って、撮った1枚でした。

外国人の子供が下船する時を狙ったものです。

子供の「表情としぐさ」を実にタイミングよく
捉えています。
絶賛された傑作です。





(フオトコン誌推薦・1位)
推薦林①.jpg
(原画は、素晴らしい絵図を表現しています)

この写真は、2012年に「ネイチャーの部」で年度賞1位を
受賞した「林」さんの撮った1枚です。
この人は身近な題材から、多くの入選作を出した人です。


③ の写真も、雨の朝、お寺の境内に溜まった水たまりに
  浮かぶ花びらを撮ったものです。

  「選評」では、

  「・・水面の桜を切り取り、静と動の対比が華やかさを
   語り掛け、珠玉の作品に昇華しあがった。
   作者の 観察眼と優しさ を感じる」

と、激賞された1枚です。


身近に見つけた ”水たまりに浮かぶ桜の花びら” を見事、
作品に仕上げた林さんの「腕前」に、私は感動すら覚えました。

これこそ、「良い写真」 の典型と言いたいところです。


林 さんは、定年後、コツコツとカメラ雑誌を教材に学んで
遂に「年度賞1位」を獲得しました。


ちょうど、10年目のことです。


(林惣一さん・74)
年度賞林.jpg
(以前にも取り上げた人)


このあと、個展を足掛かりに、プロへと
進んだ 「70代」 のカメラマンです。




子供笑顔①.jpg
(これはPHP誌のグラビア写真・
プロが撮った写真です・参考にして下さい)

この笑顔は、誰が見ても、つい引き込まれて、
こちらまで笑ってしまいそうな1枚です。

ホントに、「いい写真!」 ですね。



以上、

いずれも、選ばれた「良い写真」の例です。

「個性」や、「創造性」本気で論じる写真は、

ここから先のことだと思ってください。



例えば、

早い話が、以前も少し取り上げました

「三島由紀夫」の割腹自殺などがいい例です。



三島由紀夫.jpg
(三島由紀夫・45)




「三島由紀夫」は、「死」を美しいと捉えた作家です。

いわゆる「死の美学」です。


「老いさらばえて、醜い肉体をさらすには及ばない!」


として、45歳の若さで「割腹自殺」をして亡くなった作家です。

「ノーベル賞候補」にもなった天才的作家です。


「創造性」や「個性」の面から言えば、

「死の美学」は大いにあり得ることだと思います。



しかし、だからと言って「割腹自殺」の写真

「良い写真」 として、取り上げることは、

ここでは、できません。

これは、分かっていただけると思います。


そういうことで、このブログで言う

「良い写真」の定義は理解していただけたかと

思うのですが、いかがでしょうか?


もっと言うなら、

「働きながら独学」 している人、

特に初心者の方にとって

「良い写真とは何か?」

と聞かれたら、前述しましたように、

「コンテスト入選作」 と答えたいと思います。



もし、疑問に思ったり、聞きたいことがおありでしたら、

コメントでも、メールでも、ご遠慮なく書き込んで下さいね。



それでは今日はこの辺で・・・・又この次に・・・・。



  < 関連 記事 >

 傑作写真を見分ける絶対的な方法!






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

スポンサーリンク