So-net無料ブログ作成
検索選択



風景画像①.jpg






キヤノンEOSKissX7:安く評判良く今最も売れてる一眼レフです! [キヤノンEOSKissX7]



スポンサーリンク




キヤノンEOSKissX7は、価格は安く、評判は上々で
データでは今一番売れてる一眼レフだといいます。
軽くて使いやすさも良く、初心者に最適です!
人物・風景・動体などもちろんОKです!




初心者はカメラの選択に迷うものです!




カメラ画像トップ.jpg



先日のミーティングで、「フレーム」について、

話しが盛り上がったんですが、新しく入った会員さんで、

「初心者におススメの適当なカメラはどんなの?」

というような話や質問も出てきました。

クラブ仲間の経験と、私自身が前もって調べた資料も

合わせて、カメラについて語り合いました。


特に、今、一番売れてると言われる

「キヤノンEOSKissX7」

について、随分質問が出ていました。


これから、買おうとか、買い替えようと考えている人には、

きっと参考にしていただけるのでは? 

と、思い、取り上げてみました。


前回、「米美知子」さんの話もでましたが、

あの方も、写真を始めた最初は、カメラについて

何も知らず、いろいろ相談して買ったようですね。


米画像カメラ①.jpg



まずは、キャノンの一眼レフで普通レベルのカメラを

使用していたようです。

本格的に取り組むようになって、上位に入選するにつれ、

「ビシッ!」 と決まる画質を求めるようになったと言います。

そこで、「中判用」のカメラがほしいと思ったそうです。


「風景」 だけを被写体にしていた米さんにとっては、

もっともなことかもしれません。

それは、分かるようなきがしますね。


風景写真を撮る人は、「微細な画質」を望むように

なりますからね。


米さんの場合、たしか、「ペンタックス645」 

を求めていたと思います。

価格を聞いて、

「とても手が出ない!」

と、結局、諦めたと書いておられるのを

読んだことがありました。


平均的一眼レフからすれば、価格が、

その 数倍~10倍以上 しますから、

プロになる前の米美知子さんにしてみれば、

諦めるしかなかったのでしょうね。


私は、日頃、5~6種ぐらいのカメラ雑誌には、大体目を

通しているつもりですが、中級以上になると、

中判カメラを使っている人は珍しくないですね。


しかし、初心者から中級までの人は、決して

心配はいりません。


初歩的撮影から、中級撮影まで充分適応できる

「一眼レフカメラ」 を調べましたので、

それをご紹介してみたいと思います。



私が初めてカメラを買った時の体験



日本のカメラは、世界のトップクラスです!

いつも言いますが、基本的に日本のカメラは非常に

優秀だと私は思っています。


だから、私は、カメラそのものには、

正直、あまりこだわるほうではないです。


ちなみに、私は、初めて「一眼レフカメラ」 を買った時、

「ペンタックスSP」 レンズ「28ミリ」

だけを購入しました。

買った一番の条件は、「軽い」 ということでした。

どこでも、手軽に持ち歩きが可能で、

即、スナップができることを求めていたからでした。


買った当時は、何もカメラ知識があったわけでは

ないのですが、スナップには、「軽い」ことが、

私には必須だと思えたのです。


その頃、私は学費と生活費を稼ぎながら、学校へ

言っていましたので、「高価なカメラ」 はとても


手がでませんでした。

その上、買ったカメラは、新品ではなく、「中古の一眼レフ」でした。


行きつけの「カメラ店」を信用していましたので、

その「一眼レフカメラ」で充分通用しました。


私は、プロになっても、数年はそれを使っていました。

もちろん、他のカメラも増えましたが。



「キャノン・EOSkissx7」は価格、評判共に上々!




皆さんも気がついておられるだろうと思うのですが、

カメラ雑誌などの入選作をみますと、使用されている

「カメラ」は大体「3つ」に分かれます。


①キャノン

②ニコン

③その他(ソニー、ペンタックス、オリンパス・・・等々)



①と② は日本シェアの90%を占めるそうです。

カメラメーカーとして、歴史的に古いということが

理由にあげられるようですね。


ここでは、

「キャノン・EOSkissx7」

を選択しました。



その理由を挙げますね。


1、一眼レフで最も安価。

2、他のメーカーや機種より、軽量である。

3、カメラの操作がやりやすい。(扱いやすい)

4、ホワイト色もあって女性向きも考えてある。

5、カメラ雑誌のコンテストにも十分対応できる。





それでは、



①  の価格について。

一眼レフの価格としては、4万円台で買えます。

普通5万円以上します。



 軽量について。

  大きさは、手のひらサイズで、

  このクラスのカメラでは一番軽いです。

  メーカーでは 「世界一軽い・・・」 と
  
  うたっています。


キャノン手の平.jpg



③ 軽いため、扱いやすく、機動性がとても高いです。


  例えば、次のようにストラップを手に巻き付け、

  片手で撮ることができます。


キャノン巻いて撮る.jpg



  ノーフアインダーで撮ることも容易にできます。

  去年の「土門拳賞」を受賞した人は、このスタイルで

  街中を撮って歩いていましたね。

  
  私も、このやり方はずいぶん利用しました。

  軽いから、ホントに撮りやすいですね。

   (関連記事を参照ください)



④ について。


  女性はカラーを望む人がいますので、ホワイトの

  機種も出しているというわけです。




⑤  について。


  カメラ雑誌の「月例コンテスト」にも十分対応できます。

  画質や、カメラの性能も、高く、中級までは充分いけます。


  カメラ雑誌の入選作を下に掲載しておきましたので

  ご覧ください



コンテスト入選作①

キャノン入選②.jpg




キャノン入選①.jpg



キャノン入選③.jpg



①②③は一眼レフの機種

「キャノン・EOSkissx7」 

で撮った入選作です。

フオトコン誌のバックナンバーから、引用させていただきました。

いつものように、ケータイでとりなおしたものですから、

ちょっと、見づらいぶぶんがありますが、原画はキレイに

出ていますので、ご了解くださいね。



なお、

「キャノン・EOSkissx7」

は、初心者の方には最適ではないかと、

思いますが、中級の方にも、全くОKですね。




注)


初心者の方は最初自動で撮られるとよいかと思います。

暗い場所でも安心して撮れます。

「オート」 で撮っている入選作も、多いです。


カメラ雑誌を開いて見て下さい。

ビギナーの部だけでなく、中級以上の部でも

オートで撮っている人はいくらでもいます。


撮影場所や、天気を心配せず試してみて下さい。

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/CANON+EOS+Kiss+X7+/




それでは、今日はこの辺で・・・・。


   < 関連 記事 >

   コレがプロの撮ったスナップの傑作!


















スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

スポンサーリンク