So-net無料ブログ作成
検索選択



風景画像①.jpg






写真撮影:フレーミングの方法と意味は?米美知子さんの口癖みたい? [フレーミング]



スポンサーリンク




写真を撮る時、よく「フレーミング」というのが
出てきます。あの米美知子さんもしょっちゅう
使用されます。そこで、「フレーミング」 の方法
とその意味を探ってみました。





こんにちは。

昨日(日)、3月・最後のミーティングをやりました。

写真好きの人ばかりなので、やはり楽しいですね。

まあ、雑談なんですが、今回は、「フレーミング」 

についての話題です。

いろいろと話しが出てきましたので、今日は、「フレーミング」

とその方法、撮り方等々について書いてみたいと

思います。

「フレーミング」というのは、「構図」として使われる場合が

多いですが、この場合「写真の枠取り」と考えて下さい。



前回の宇佐美さんの「マンダラ」の発想については、

この後になりますが、どうぞ、ご了解くださいね。



写真撮影:フレーミングの方法と意味!




皆さんは、ほとんどが仕事を持っておられるか、

主婦や、学生さんなどではないかなと思います。

限られた時間でどういう風に写真を撮っておられる

でしょうか?

朝の散歩の時。 休日、祝日、夜、・・・・・

人それぞれで、皆さんなりの工夫をしておられることと

思います。



次の写真は、このブログの読者だろうと思われる

NBさんの撮られたものですが、NBさんは、

どうも、休日や祝日を利用して写真を撮っておられる

ようです。

ここでは、NBさんのブログから、

その一枚をお借りしました。


のぶ釣り端①.jpg
(NBさんの写真)



NBさんは、雲をよく撮る方です。

この写真も夕日と雲を美しい感じでとらえた素晴らしい

写真だと思います。

ただ、吊り橋の支柱の部分が寂しいんじゃないでしょうか?

吊り橋がふつうの目線で写っているところに工夫を

加えると、もっと良くなるように思いますね。


3本の支柱の高さを強調するとか、少し支柱の側面より

狙うとか。



夕日に映える雲と吊り橋の対比を撮るとしたら、

「フレーミング」はいいと思いますよ。


なお、雲の美しさを強調するとすれば、もっとカメラを引いて

吊り橋をグーンと小さくしてしまったらどうでしょう。


そして、雲の形と、夕日に映える明るさを少し強調できる

のを待つとか。

その場合は、吊り橋が点景に近く、いわゆる脇役となります。


雲の状況は、秒数単位で変化しますから、タイミングが

なかなか難しいとはおもいますが。



ちなみに、「フオトコン誌」 に掲載されていた写真を

挙げてみましたので、ご覧ください。


写真①は、おもに夕景をを撮るカメラマンの写真です。


釣り端②③.jpg
(写真夕景:吊橋①)


橋の一番手前から一番向こうまで取り入れて

その大きさが強調され、ローアングルで狙っているため

力強さが表現されています。

さらには、橋の下側に夕日に浮かぶ山と家並みや橋げたの

シルエットが、写真に変化を与えています。

さらには、明暗が斜めに2分された

「フレーミング」 が見事に、

バランスをとってくれています。




次の写真③は、橋の下に客船をいれてフレーミングを

した写真です。


釣り端②.jpg
写真③


生活感が、表現され、同じ吊り橋をとっていても、

写真①とはまた異なる印象を与えてくれますよね。



3枚の写真を「フレーミング」を中心に

その撮り方と写真の意味するところが変われば、

フレーミングの仕方も変わることを、ごく大ざっぱに

見てきました。


初心者のみなさんも、そのへんを意識して撮ってみられると、

写真も、変わってくると思いますね。


私などは、

他の写真を見るとき、

「自然に、フレーミングした写真の外側は、

どうなってるのだろうか?」

と、写真の外側を想像してしまいます。

撮る時も、そんな気持ちが動いているようです。


撮っているうちに、だんだんそういう風に

なってきたようです。


プロが、

「その写真からドラマを感じる!」

などと、よく言うじゃないですか。

コンテストの入選作の「評」などにも、

そんな言葉が多々、見られるますね。

きっと、みなさんも、一度や二度は、そういう評に

出会っていると思います。


私は、そんな言葉に出会っているうちに自然に、

そういうイメージを持つようになったようです。


もう一つは、普段、簡単な「瞑想」をやってきたことが、

イメージを抱きやすくなってきたようですね。



米美知子カメラマン:「フレーミング」について!




風景カメラマンとして人気の高い女性カメラマン

米美知子さんは、「フレーミング」 について

どう見ておられるのでしょうか?


ずいぶん前ですが、私は、「米美知子」さんの

撮影セミナーに一度参加したことがありました。

どんな撮り方をされるのか、非常に興味を持って

参加させていただきました。


よく動く方だなという印象が強かったのですが、

一番印象にのこったのは、

「切り取る」 

という言葉をよく使っておられたことです。

つまり、これは「フレーミング」のことです。


カメラ雑誌・フオトコン誌上で、「米美知子」さんは次のように

語っておられます。


(写真米④
フレーⅯング屋根米①.jpg



上の写真④について、述べた件(くだり)です。

要約を抜粋しますね。


「選者によって、違うかもしれないが、余白があった方が

有利だと思います。

・・・・

余白がいいのか、余黒がいいのかは、写真の内容

にもよるが、黒のほうが、締まった感じになり、

白は明るいイメージを持ちます。


そこで、余白を付けると、それだけ、黒い部分が

小さくなり、写真そのものが小さく感じられて、不利だ

ということを聞きますが、(だから、余黒にしたという写真が

上④です)


それによって審査員の見方が変わることは、まずないでしょう。

私は、余白や、余黒を付けた方が作品性が高まると

思っています。」


つまり、写真によって、「余白」 もあり、

「余黒」 もある「フレーミング」をするべきだ

とおっしゃってるのだと思います。


どちらにするかは、人それぞれだということですね。



それでは、今日はこの辺で・・・・。







スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

スポンサーリンク