So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






スポンサーリンク

写真家と詩、カメラマンと小説、俳句と写真の関係は? [カメラマンと小説]




作家が、1枚の写真に魅了されて、小説を書く。
詩の応募作で写真入りの候補作が受賞しました。
俳句写真が、いまや、大きな人気を呼んでいます!




写真と小説と詩と俳句の関係!





最近、写真が、絵や、小説、詩、俳句などと関わって
くる傾向があるようです。


早い話が、カメラ雑誌「フオトコン」には毎月、
「フオト俳句」 と題して作品を競うページが
設けられています。


俳句を書いて、それを写真で表現するものです。


(1位 ・ 左写真・右=俳句)
俳句と写真.jpg
(フォトコン誌バックナンバーより)

(見にくいですが、ガマンしてくださいね。)


最近では、テレビでもやってますね。


タレントたちに、一葉の写真を見せて、その感想を
俳句にさせるというものです。

ご存知の方もあると思いますが、1枚の写真から
様々な想像がふくらんでくる様子を、タレント各自が、
話しますね。

タレントによって、イメージや、考えが、それぞれ
非常に異なっています。

その話の内容は、見ている側にも、想像力を掻き立ててくれて、
けっこう面白いですよね。





また、昨年だったと思うのですが、「萩原朔太郎賞」
の応募作に、いくつかの詩と、それに対応した写真が
つけられていた候補作がありました。


審査側は、異例の応募に意表をつかれたようでしたが、

結果は、写真付きの詩が受賞したのでした。



小説と写真については、先だって、ある
雑誌で読んだのですが、

一人の女性作家が、ある写真集を見て、その中の
写真に、すごく惹かれたようで、編集者を介して、
撮影したカメラマンと会ったそうです。


作家は、その写真家に、自分の住む近くの街を
撮ってくれないかと依頼し、話がまとまったというのです。


私もこのカメラマン(女性)の写真を2~3枚、雑誌で
見ました。

何の変哲もない街の風景なのですが、

どこか、コミカルで軽やかな感じが漂っているんですね。

ここで、お見せできないのが残念なのですが、

作家もきっと同じような感想を持っていたんじゃないかな
と思うのです。


その作家は、そんな写真をみていると、いろんな
イメージがわいてくるらしいのです。


結局、撮ってもらった写真を元に、数本の
短編小説を書いたそうです。


こうしてみると、写真は、他の芸術とどこかで
関わっているんですね。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

スポンサーリンク