So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg






スポンサーリンク

カメラマン:月例3誌制覇の中年サラリーマン必勝のコツ!夢は土門拳賞




カメラマンになる方法の一つに、月例コンテストがあります!
あるサラリーマンは、3つのカメラ雑誌の月例に応募!
次々と1位獲得して、なお精進!
必勝のコツと、夢を語ります!



こんにちは。


前回、「独学には、刺激があるといい」 という話をしました。

このブログを読んで下さっているかたは、
ほとんどが働いておられると思います。


この頃は、定年退職された高齢のかたも増えているようです。

私にも、時々年配のかたがメールをくださいます。

今の60歳、70歳は、皆さんとても元気です。

前回ご紹介した

一生懸命フォトグラファー列伝

には、90歳過ぎてなお写真に打ち込む人が
何人か登場してきます。

皆さん、生き生きしておられます。

本当に、勇気をあたえられますね。

趣味で写真を楽しんでいる方もいますが、「月例コンテスト」
に挑戦を続ける方の「意気込み」には、頭が下がります。


さて、今日は、「月例コンテスト」に挑む中年の
サラリーマンのかたを取り上げたいと思います。




>■ <3誌の月例を制覇した中年サラリーマン>





名を四方伸季(51)さんといって、

ある工学機器のメーカーに勤務するサラリーマンです。

また、写真好きのアマチュアカメラマンでもあります。



四方1.jpg



写真は、高校時代にはじめたそうですから、
社歴は相当長いですね。


四方さんは、初めて応募した写真がカメラ雑誌の
予選通過に「名前」が載って、非常に感動したと言います。

それから、写真のとりこになったようです。

会社勤務の傍ら、ヒマをみては、何でも撮っていたようです。


・写真コンテストは、地方にもあります。
・さまざまな雑誌主催のコンテストもあります。
・種々の新聞などにもあります。
・カメラメーカー主催のものもあります。
・写真学校などが催すコンテストもあります。


挙げれば、枚挙にいとまがありません。

四方さんは、カメラ雑誌だけではなく、自分の気の向くままに、
かなり、アチコチ応募していたようです。

私が調べたところでは、ホントに 「手当たり次第」 という感じが、
しました。

入選した作品も、数多く、かなりのレベルに達している
「腕前」と見受けました。


その四方さんが、
2011年、47歳で 「日本カメラ」誌 の月例コンテストで
年度賞 「1位」 を獲得。

この年、「朝日カメラ」誌の年度賞「1位」も受賞しています。

つまり、この年、ダブル受賞を成し遂げたわけです。


この頃入選した写真3点ほど載せてみましょう。(いずれも日本カメラ誌より)


あま①.jpg



アマ2.jpg




アマ3.jpg


アチコチ歩き回ってのスナップが多いですね。


いずれにしても、高校の18歳から写真を始めて、約 30年の快挙です


2四方.jpg




<■ 受賞 の 感想>





四方さんが受賞した時の感想をお伝えしてみましょう。


「 今年は、全力で ”月例フオトコンテスト” に挑んだ。

目標は毎月入賞すること。

写真の内容、画面構成には、徹底して拘(こだわ)った。

この1年、ずっと写真のことを考え続けた。

審査を通じてご指導いただいた審査員の先生がたと、
高校時代、 ”写真 の 楽しさ”
を教えてくれたイトコに ”感謝” します」 (日本カメラ誌より)



以上が、サラリーマン四方さんのプロフイールの
ごく一部です。



2011年「アサヒカメラ」 「日本カメラ」2誌 の制覇 を同時に成し遂げた 四方さん は、
次に、目指したのが 「フォトコン」 誌でした。


しかし、残念ながら、「フォトコン」誌では 2012年、
「3位」 に終わりました。



以前、
「カメラ雑誌では、”フォトコン” 誌がレベルが高い」

というような話を聞きましたが、私も、それを感じていました。


私が、写真を学び始めたころの 「月例」は、「アサヒカメラ」 が、
トップレベルだという風評がありましたが・・・・・。


「アサヒカメラ」 「日本カメラ」 2誌のトップに輝いた四方さんが
その翌年、(2012) 「フォトコン」 では、3位 だったのですから。
ウワサは、当たっているのかもしれません。


それでは、2012年の「1位」 は、誰だったかといいますと、
以前、「スナップの名手」 として、ご紹介した、

主婦の「牛馬寿子・65」 さんでした。



四方さんの写真はすべてスナップです。

2012年の 1年間の 「12回分の写真」 のうち 
入選した11回分
振り返ってみましたところ、

「プロ」 の先輩にはまだまだ及ばない私が、
見させていただいた感じでも、四方さんは、主婦の「牛馬寿子」さんには、
少し及ばないなと感じました。


どういうふうに 「及ばない」 かと言いましたら、
「牛馬寿子」さん の入選写真は、プロとして、通用する
ということになりましょうか。


もっと端的に言えば、「牛馬寿子」さんの写真は、
「雑誌」等の 「グラビア写真」 にも使えそうだということです。


そういう意味で四方さんの写真は、一歩遅れたかなという感じです。


ここで、お二人の入選写真を全部出して比較してみれば、
みなさんにも、その辺が、お分かりいただけるかもしれませんが、
今日は、その用意をしていませんので、文章だけで、
「そうか」 と、納得しておいてください。・・・・(笑)



さてそれでは2013年度の四方さんがどんな活躍を
見せてくれるのか、この辺は、みなさんにも、
非常に、参考にしていただけると思いますので、


次回で、2013年の月例コンテストに挑戦する四方さんを
通して、スナップのコツとガンバリを知って下さい。


四方さんは、2013年の初頭に、

「できれば、ゆくゆくは、土門拳賞を取りたい!」

と夢を語っているのです。

ものすごい心意気ではありませんか?

次回ではそのあたりにも、触れることができたらと
思います。



    ■ 関連記事 ■

コンテスト歴30年!スーパーアマチュアカメラマンの夢!
    http://00naoki.blog.so-net.ne.jp/2015-09-08







nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

スポンサーリンク