So-net無料ブログ作成



風景画像①.jpg








スポンサーリンク




          
前の1件 | -

カメラマン:個性は折に触れ変化することもあります! [個性]





個性は、折に触れ、変わることもある



前回、「個性」 を引き出す方法の一つとして、

私自身の経験をお伝えしました。



そのポイントは、

① 「個性」を「好きか嫌いか」に置き換える。
② 被写体に全意識を集中する。
③ 「ボキャブラリー(コトバ)」を使う。

以上の3つでした。



「個性」といっても、実際には

とても分かりにくいものです。


私は、


「個性=好き嫌い」


とコトバを変えて、自分に言い聞かせておりました。


これなら、アイマイに聞こえがちな 「個性が」

明確にイメージできます。



そして、「個性」を知るきっかけは、

人それぞれみな違います。




先月、「個性」を発揮する人として、

次の人を取り上げました。


① タレント「滝沢秀明」とマグマ。

② ミュージシャン「ヨシキ」と野生的。

③ 芥川賞受賞の女性と「業(ごう)」



以上の3人です。




① の滝沢さんは、あるテレビ番組で、

「マグマ」 の魅力にハマってしまいます。

「マグマ」 に取りつかれる「生命」を

内に秘めていたといってよいでしょう。

何故かは、ご自身すらまだ気づいていないようでした。

「オレにもよくわからない」と語っていましたからね。




② の「ヨシキ」 さんは、非常に「野性的」

とご自身が言っていましたが、

決して「作った」ものではなく、

自然に、体が動いてしまうと話していました。




③ の芥川賞受賞した中年の女性は、

「自分は、作家になるだろうという予感のようなものを

いだいていました。

ご本人はそれを 「業のようなもの」 と

表現していました。




①②③の人たちは、それぞれ3者3様で、

自分が、意識するとしないとにかかわらず、

「個性=好き」 を持っていると言って

よいかと思います。


ただ、その内に秘めた「個性=好き」を知る

きっかけはみな違います。



あとは、その個性を追求していけば

よいということになりましょう。




① 滝沢さんは、マグマ探検が、

  ライフワークになるかも知れません。


② ヨシキさんは、一層「野性的」演奏を

  続けるようなきがします。



③ この女性は、受賞を機に小説を

  書き続けることでしょう。




ただ、

何かを縁として、「個性=好き」 ということが、

他のもの(こと)に変わることはあるかもしれません



青年期には「赤色」をこのんでいたのに、

中年になって、「ブルー」 を好むようになった

という風にです。


カメラマンでも、あることを経験して、

作風が 「ガラッ」 と変化すると

いうようなことは大いにあり得ます。





それでは、私自身の「個性」に関わる

体験を次回でお話ししてみたいとおもいます。


拙い体験ですが、少しでもお役にたてば幸いです。


では次回で・・・・・・・・。









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の1件 | -

スポンサーリンク


< トップへ戻る >