So-net無料ブログ作成
検索選択



風景画像①.jpg






前の1件 | -

カメラ雑誌;初心者&中級者共におススメ!内容構成面白さ抜群! [カメラ雑誌]

カメラ雑誌を選ぶ時、初めはいろいろ迷いますよね。ここでは、
初心者にも中級者にもおススメの本をご紹介します。 内容は
もちろん,構成・面白さも、他の雑誌の追随を許しません!




おススメのカメラ雑誌は「フオトコン」誌!






前回、一度 「広告写真に挫折した」 とメールを下さった

女性Aさんの話しをさせていただきました。

私は、彼女にもう一度やりなおすことを提案しましたが、

その時に、彼女におススメしたのが

カメラ雑誌 「フオトコン」 でした。


広告写真は、ある意味「特殊分野」に入るかも知れません。

とすれば、普通の人物とか、風景とかを、ごく一般のアマチュアとして

一からやり直すのが良いと、私は思いました。

それには、「フオトコン」 が最良の「カメラ雑誌」だと思ったのです。

(人によって好みがあると思いますので、ここでは、私が良いと
思ったカメラ雑誌だと考えて下さい)



honiroiro①.jpg



本やにいけば、多くの「カメラ雑誌」が出ております。

「カメラについてだけ書いたもの」
「撮り方についてだけ書いたもの」
「技術に絞ってだけ書いたもの」


「カメラ雑誌」においては、


価格が

500円~700円前後の比較的安いもの。

1000円前後のもの。

2000円を超えるもの。


大ざっぱに言えばこんなところでしょうか。


私は、カメラ雑誌の類(アサヒカメラ、日本カメラ、

フオトコン、風景写真・・・等々)

は、大体、毎月目を通してきたように思います。

もちろん「絶対」ではありません。

他の、初心者用に書かれた、若干「専門的」な本も、

まあアレコレと読んできた方だろうと思います。



そんな私が、冒頭に書きましたように、女性Aさんに

おススメしたのが、「フオトコン」 誌でした。


また、他の初心者の方にも、中級者の方にも、

おススメしたいのは

やはり、

「フオトコン」  

誌です。



kamerazassi①.jpg



では、何故 「フオトコン」 なのか?

その理由を次に挙げてみたいと思います。




カメラ雑誌は「フオトコン」をおススメする理由!




まずカメラ雑誌を選ぶ基準をあげてみましょう。



1) その雑誌独自の「月例コンテスト」があること。


  
「月例コンテスト」というのは、1年間そのコンテストに
  応募を続けて、「12回分」の成績を点数で合計して、
  順位をきめていくものです。

自分一人で撮っているよりも、格段の成長が望めます。

初心者から、ベテランまで段階を追って分けてありますので、

勇気を出して、応募して下さい。

もし、難しいと思われたら、地元で行われる「優しいコンテスト」

から始められると良いと思います。

「月例コンテストは」多くのプロが見てくれます。

写真学校や、大学などでは、これほで多くのプロの評価を
聞けるところは、まず無いと言ってよいでしょう。

何といっても、自分の写真を評価してもらえるということが、
最大の特徴であり、最大の良い点でもあります。


「土門拳」 は、かつて、審査員を務めた時、

「 月例コンテストは、最高の学校 だと」 絶賛しました。


また、風景写真の大家 「竹内敏信」 カメラマンも

審査員の総評で、

「月例は、通信制の最良の学校だ」

と激賞しております。


月例を経て、プロになった写真家は、数しれません。


印象の残る「プロ」を挙げますと、



米美知子さん
辰野清さん



このお二人は、「月例」も含めいろいろな「コンテスト」

に入賞してきた人ですが、共に、風景写真の「登竜門」

といっても良い 「前田賞」 を受賞しております。

前田賞はまた、別に取り上げたいと思いますが、

「前田真三」 という風景カメラマンの名を冠した

写真賞です。


機会があったら、写真集をご覧ください、

それは、素晴らしい風景写真です。

私も、いっぺんに魅了されてしまいました。




2) 何度でもいつでも飽くことなく読める雑誌であること。




この点に関して、「フオトコン」 は他誌よりも、

一歩も二歩も、面白いです。

「飽きないこと」 が何故大事かといいますと、


カメラ雑誌は、月例コンテストの 「評」 を

読むことが、最も大事だと思います。

何故なら、この評を読むことによって、


読者の 「写真を見る目が」 養われ、さらに、

写真を撮る技術が進歩します。


この審査員の「評」こそ、「カメラ雑誌」の

命だと言ってもいいぐらいです。


その「評」は一度読んだぐらいですんなり理解できません。

読んですぐわかる人はそれでよいのですが、

多くの人は、数日後に又読み返してほしいと思います。

そして、数か月後、好きな時にまた読んでみてほしいのです、


そして、半年、1年後にも、できれば本を開いて見て下さい。

かならず、そのたびに気付くことが出てくることでしょう。


私も、何度も何度も繰り返し読んだものでした。

ド素人だった私には、なおそれが必要だったのかもしれません。


どうしてもわかりにくいところは、切り取ってポケットに入れて、

持ち歩きました。  

そして、思い出しては、取り出して読み、

またしばらくして、取り出しては読んだものでした。


このように、「写真がウマくなるため」 の本は

繰り返し読める雑誌でなくてはだめだと思っているのです。


そのためには、「カメラ雑誌」 そのものが「面白くなければ」

ダメだろうとおもうのです。


一度読んだら、もう読む気が起こらないような

編集や、構成だといけないわけです。


文字が多く、その上、ビッシリ小説のように書き込んだ

記事が多かったりすると、読む気が失せます。

なるべくそんな構成はさけてほしいと思うのです。


そういう意味では、繰り返し読むことに耐えられる

「カメラ雑誌」はやはり、「フオトコン」 なのです。



追加記事がありますので、後で書きたいと思います。

しお待ちくださいね。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の1件 | -

スポンサーリンク